【詳細】他の写真はこちら

アメリカ&ロシアのトップ。この並びはなかなかのインパクトです。

2016年に苛烈なアメリカ大統領選を勝ち抜き、第45代大統領に就任したドナルド・トランプ氏。長らくロシアを率いてきたロシアのウラジミール・プーチン大統領。その両名をゴールドプレートに刻み、ノキアの携帯電話『Nokia 3310』の背面に埋め込んだというカスタムモデルが誕生しました。その名も『Putin-Trump Summit』。14万9000ルーブル(約28万円)で、現在予約受付中です。

『Putin-Trump Summit』を生み出したのはロシアの「Caviar」。今回のプロダクトは、先日、ドイツのハンブルクで開催された「G20サミット」を記念して作成されたんだそう。背面のトランプ氏とプーチン氏を形どったプレートには、純度999のゴールドを7ミクロンでコーティング。色々な意味で凄まじい存在感を放っています。ちなみに「Caviar」は以前から政治家をモチーフにゴールドを用いたカスタムケータイを製作していたのだそうですよ。

ボディ部分にはチタン素材の上に、ダマスカス鋼で美しい波紋模様が描かれています。中央のコントロールボタンには今年のサミットのロゴが彫り込まれ、上部にはシリアルナンバー入りのゴールドメッキ加工プレートが埋め込まれています。このセンスには賛否両論がありそうですが、かなり重厚な質感は期待できそうですね。

豪華なレザーケースに入れてお届け





『Putin-Trump Summit』はレザーとブラック・ベルベットがあしらわれた高級ケースに収納したうえで販売されるとのこと(上画像はイメージ)。これだけ高価な携帯電話なので箱だけでも高そうですね……。なお、公式サイトではロシア国内での販売情報のみが記載されていますが、「Caviar」に直接コンタクトを取れば、もしかすると海外への配送にも対応してくれるかもしれませんよ?

文/塚本直樹

関連サイト



『Putin-Trump Summit』製品情報ページ(ロシア語)