【アイドル横丁夏まつり!!】衣装を脱いだアイドルたちが華麗な水着姿で魅せた!

写真拡大

 7月8〜9日に横浜赤レンガパークにて、アイドル夏フェスの「アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜」が開催された。場所を横浜に移して2回目となる今回は、前回に引き続いて多数のグラビアアイドルが登場する「グラドル横丁」を開催。人気のグラドルたちが快晴の空のもと、魅惑のボディを大開放してくれたぞ。

 この「グラドル横丁」にはアイドルグループからも水着メンが参加。普段はなかなか見ることのできない貴重なビキニ姿を拝めるのはもちろん、一緒にチェキを撮って間近に接近できるという夢のような企画だ。そんな至福の時間を今回、本記事で疑似体験していただきたい。
  フェス2日目の9日には、アイドルたちが歌い踊るステージの一つ「横丁3番地」にて、多数の水着アイドルたちがパフォーマンスを披露するという夢のステージ「水着 DE 爆乳の祭典 コラボ」を開催。午前10時と早い時間にも関わらず、ステージ前には熱い想いをたぎらせた男たちが集結し、付近の気温をさらに上げる。

 この横丁3番地はステージの奥に横浜湾の風景が見えるという、水着が最高に映える場所。ここで出演者たちは爆乳ヤンキーの『ブラを探して』を披露し、ヤナパイこと柳瀬早紀による「爆乳が好きなヤツは手を挙げろーっ!」との呼びかけに、会場中の漢どもが腕を突き上げていた。
  歌唱パートでは現役アイドルや元アイドルたちが達者な歌声を披露。その一方で本職グラドルの中には歌詞を忘れてしまい、その場でスマホを取りだすという荒業も。さらに歌が途切れてしまうと、それを補うように「おーっぱい! おーっぱい!」のコールが会場中から沸き上がり、全員の心をひとつにまとめあげていた。
  そんな胸ときめく出演者たちが出演する「グラドル横丁」は、会場東側の一角を使用。ここでは参加券をゲットした選ばれし漢たちだけが、お目当てのアイドルの貴重な水着姿とご対面できたのである。

 取材陣がお邪魔した「アトラクションB 2部」には、青山ひかる、犬童美乃梨、柳瀬早紀、和地つかさといった各誌のグラビアページを席巻する人気グラドルが多数登場。それに加えて虹のコンキスタドール予科生の片岡未優と隈本茉莉奈、そして「ワッショイ!」の掛け声でおなじみのFES☆TIVEから坂元由奈、青葉ひなり、鈴木ことねらが出演していた
  ここでエンタメNEXTでは、FES☆TIVEの3人にインタビュー。普段とは違った装いの彼女たちに注目したい。
 【FES☆TIVE グラドル横丁 スペシャルインタビュー】

――グラドル横丁は今回が初めてですか?
鈴木 私は去年も参加しました。
青葉 私も2回目です。
坂元 初めてです〜。

――初めて参加しての感想を教えてください。
坂元 ファンのみなさんがメチャクチャ喜んでくれて嬉しいです。
鈴木 FES☆TIVEでは撮影会の機会もなかなかないので、水着でみんなの前に立つことがほとんどなくて。
青葉 実は未だに慣れてなくて、ファンの人もグラドル横丁のときはめっちゃよそよそしくなるんですよ。
鈴木 わかるー!(笑)
青葉 なんかファンの人が目を見てくれないんですよ。
坂元 今日は全然、目を合わないですね。みんな胸を見てるんで(笑)。目がこー(下に)動いてるんですよ。
青葉 そういう意味ではみなさん、自然体を見せてくれています(笑)
坂元 なんかオッパイと会話しているみたいな感じ?(笑)
鈴木 私とひなりはそうでもないから、みんな普通の感じだよ。

――今日ばかりはファンの人もいろんな意味でガチガチでしょうね。
鈴木 でもこっちも緊張しない?
青葉 ああ、緊張するする!
鈴木 普段隠れているところを見られるっていうのが・・・・。