ハメスを輝かせた名将、新天地模索の教え子を勧誘か 数日中にレアルへ条件提示も

写真拡大

ドイツ王者バイエルンがオファーか アンチェロッティ監督とハメスはレアルで信頼関係

 コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは昨季限りでのレアル・マドリード退団が決定的となっており、現在は新天地を模索中と移籍市場の注目銘柄になっている。

 そこにかつてレアルでハメスを重用した名将が勧誘しようとしている模様だ。スペイン紙「AS」が報じている。

 同紙によると、コロンビアのテレビ局「カラコル・テレビジョン」でスポーツディレクターを務めるハビエル・エルナンデス・ボネット氏のコメントを紹介。これまでハメスの移籍先候補地として、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンというクラブが挙がってきたが、同氏は今後数日中にレアル・マドリードに対してバイエルン・ミュンヘンが条件提示をしようとしていると認めている。

 ポイントは現在バイエルンを率いている指揮官だ。昨季から就任したカルロ・アンチェロッティ監督は欧州屈指の名将として名高いと同時に、ハメスとも信頼関係を築いている。アンチェロッティ監督がレアルを率いていた2014年夏にハメスが加入すると、巧みに組織の中に組み込み、そのシーズンのハメスはゴール、アシストともに二桁の数字をマークする活躍を見せた。

 しかし、アンチェロッティ監督がそのシーズン限りでクラブを去ってから、ハメスのキャリアは暗転した。ラファエル・ベニテス前監督の時期には素行不良もありレギュラーの座をはく奪され、現在のジネディーヌ・ジダン監督の下でもMFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、MFイスコの軍門に下った。その経緯があるだけに、ハメスを輝かせる術を知るアンチェロッティ監督が再生プランを練る――。ブンデス絶対王者からのオファーに、ハメスは心を動かすのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images