スピードワゴン・小沢一敬【写真:鶴見菜美子】

写真拡大

 11日放送のバラエティ特番『中居正広の神センス☆塩センス!!』(フジテレビ)では、まだスマートフォンを持っていない中居正広に、バカリズムやスピードワゴンの小沢一敬がInstagramについて解説。中居が不慣れなスマホアプリの世界について学んだ。

 いまだにスマホを持っていないという中居は、Instagramについても詳しいことは知らない様子。概要が説明されると「フォロワーっていうのは見ている人の数ですか?」と初歩の初歩から確認し、「いいね」をもらっても広告料が入るわけではないと聞くと「ビジネスじゃないの!?」と目を丸くして驚いた。

 また、バカリズムが自身のInstagramを例に取り、Twitterと違い書き込まれたコメントを消すことができる、と利便性について語ると、SNSそのものを利用したことがない中居は「基本的にこれやってる人って、気がちっちゃいの?」と含み笑い。ハッシュタグについても、実際の使用例を見ながら「歌です?歌?」とタイトルとして言葉がまとまった様子を見て、歌詞を書いているのかと思った様子。

 顔取り替えアプリのSNOWを実際に使い、ヒロミなどと顔交換をした場面では大盛り上がりを見せた中居だが、それ以外の場面では興味津々ではあるものの、終始眉間に皺を寄せた、まさに「理解できない」という表情。小沢のInstagramで小沢が影のあるポートレイトショットを何枚も投稿しているのを目にすると「一回こうしてポーズをきめるわけじゃん、この一瞬だけ作るわけじゃん......」としみじみと不思議そうにコメントし、小沢に「Instagram向いてない!!」と怒鳴られる場面もあった。