松居一代オフィシャルブログより

写真拡大

 俳優で夫の船越英一郎と泥沼離婚騒動を繰り広げるタレントの松居一代が、フジテレビの情報番組『Mr.サンデー』に出演を直訴したが、断られたという。番組関係者からは「船越サイドがかなり怒っていて、配慮することになった」という話が聞かれた。

「表向き船越さん側が怒っているからとは言えないけど、実質そうでしょう」と関係者。

 同番組では7月9日の放送開始約1時間前、松居が「生電話でお話させてください」と出演を直訴していたが、番組内ではMCの宮根誠司が「当事者の一方的な主張を生放送でノーカットで流すというのは、お約束できないという番組の判断で、放送することはできませんでした。松居さんにもお断りをさせていただきました」と出演を断ったことを明かした。

 松居はブログや動画サイトで過激な発言を続け、ブログ運営者からは一部記事の削除を求められたとする話もあるだけに、生電話の出演を番組側が躊躇してもおかしくはないが、日頃は芸能界のいろいろな騒動を取り上げて当事者の言い分も野次馬的に放送している情報番組のスタンスとしては、「当事者の一方的な主張を流すことはできない」という理由付けは首を傾げる部分もある。

 それが本当の理由なのか、番組に携わる関係者に話を聞いたところ「船越が所属するホリプロが松居の言動にかなり怒っている様子で、そこを逆なでするようなことができないと配慮したのが実際のところ」とのことだった。

「伝え聞いた話だと、松居さんの言動には、こうして揉めるずっと前から、ホリプロが何度も不快感を示してきたそうなんですよ。たしかに、川島なお美さんが亡くなった直後に、夫が彼女と付き合ってたことがあるとか勝手に話しちゃうのは問題だったでしょう。松居さんは携帯電話を壊したなんて恐妻エピソードも好き勝手に話していましたけど、船越さんの事務所からすれば、出演作でのイメージづくりもあって、営業妨害レベルの話だったはず。一説には、ホリプロが船越さんに『松居の言動を止めるか、別れるかできないなら、今後の仕事は続けられない』と契約解除もあり得るような話をしたともいわれています。本当にそうなら船越さんの持ち出した離婚というのも、かなり根が深い話なのでは」(同)

 あくまで関係者の話だけに実際にホリプロが船越にそんなプレッシャーをかけていたかどうかはわからないが、『Mr.サンデー』の出演拒否の背景を読むと、それに近い話があったとしてもおかしくはなさそう。

 松居はその後、「宮根さんから1分間ノーカットで生放送で放送しましょうという大変うれしいご提案をいただきました。ところが実現できませんでした」と話している。

 注目される騒動だけに当事者による1分間の独占インタビューであれば、本来はおいしい素材だったはずが、それ以上に大手芸能プロとの関係を重要視した可能性はありそうだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER)