米ウォールストリート・ジャーナルが伝えるところによると、米アップルの映画/テレビ番組配信サービス「iTunes Movies」は、ここのところライバルに押され、シェアが急減しているという。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

アップルのシェア、20〜35%に低下

 アップルが、iTunesで映画コンテンツの販売を始めたのは2006年のこと。その翌年に映像配信端末「Apple TV」を発売し、購入した映画をテレビでも視聴できるようにした。さらに2008年にはレンタルサービスも始めた。iTunesは、それ以来、デジタル映画・テレビ番組配信サービスの市場を支配し続けた。

 しかし、2012年時点で5割以上あった同社のシェアは、ここ数年減少し、今では20〜35%程度にまで落ち込んでいるという。

 その背景にあるのは、米アマゾン・ドットコムや米ネットフリックスといった競合の存在だ。米ケーブルテレビ大手のコムキャストも、4年前からデジタル映画の販売を開始しており、アップルのシェアを奪いつつあるという。

 米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の試算によると、米国のデジタル映画販売・レンタルサービスの市場規模は、昨年12%伸び、53億ドルとなった。このうちデジタル映画の販売は、35億ドルで21%増加したが、伸び率は前年の29%から低下している。またレンタルの売上高は18億ドルとなり、4%減少した。

映像分野でもサブスクリプションが人気

 その要因は、前述したアマゾン・ドットコムやネットフリックスなどが展開している、定額制の見放題(サブスクリプション)サービスの台頭と見られている。PwCによると、映画のサブスクリプションサービスとビデオオンデマンド(購入/レンタル)サービスの売上高は、2012年時点で拮抗していた。しかし、その翌年はサブスクリプションがビデオオンデマンドを初めて上回り、その後3年間で差はさらに広がっている。

 昨今は、音楽サブスクリプションサービスの勢いが増し、ダウンロード音楽の売り上げが落ち込んでいると報告されているが、映画/ドラマなどの映像コンテンツでも同様のことが起きているようだ。

(参考・関連記事)「もはやダウンロード音楽も売れない時代」

 アップルの映像配信事業については、かつて、14ほどのチャンネルをまとめた、月額30〜40ドルほどのサブスクリプションサービスを計画しているとの観測が出ていたが、後に、高額のコンテンツ配信料金を求めるメディア企業の反発に遭い、計画の中止を余儀なくされたと伝えられた。

アップルの強みはApp Store

 ただ、アップルは、iTunesやApple TV内に「App Store」というプラットフォームを持っており、それが同社の強みでもある。

 同社はこのプラットフォームで、ネットフリックスやフールーといった他社の映画サブスクリプションサービスのアプリを配信しているからだ。そして、まもなくしてアマゾンの「Primeビデオ」もApple TV内のApp Storeで配信される予定だ。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、アップルは、これら自社プラットフォーム内で契約されたサブスクリプションについて、15%の手数料を徴収している。ライバル企業のサービスが売れても、自社にお金が入るという仕組みをつくっているというわけだ。

 なおアップルは、先ごろ、ソニー・ピクチャーズから2人の幹部を引き抜きいたと報じられた。これにより、ここのところライバル企業が注力しているオリジナルドラマシリーズに、同社も本腰を入れると、伝えられている。ただ、前述したとおり、映像配信事業でアップルのシェアは低下している。同社がサブスクリプションサービスの立ち上げを計画していてもおかしくはないだろう。

(参考・関連記事)「アップル、オリジナルTV番組事業に本腰」

筆者:小久保 重信