VRヘッドセットOculus Riftがまた大幅値下げ。Touchセットで5万円、半年前の半額以下
Facebook がVRヘッドセット Oculus Rift をサマーセール限定で値下げしました。価格はOculus Rift とコントローラ Oculus Touch のセットで399ドル、国内では税込5万円。
Oculus Rift + Touchは今年の2月まで8万3800円+2万3800円の計10万7600円でしたが、3月の値下げでRift は約2万円、Touch は約1万円下がって計7万6600円になったばかり。

Oculus Rift、Touchが大幅値下げ、セット価格7万6600円に。TouchにはFPSゲーム付属(2017年3月1日)

今回は6週間限定のサマーセール価格とされているものの、さらに2万円以上下がってとうとう5万円。半年も経たず半額以下になりました。

セットに含まれるのは、ヘッドセットのRift本体、外付けのトラッキングセンサー、ハンドコントローラのOculus Touch x2 (左右)、Xbox Oneコントローラ(単品で買うと約6500円)、リモコン。

および、ゲーム Robo Recall や Dead and Buried、クリエイティブツール Medium や Quill など7本のソフトが付属します。



さて、高値で真っ先に入手したアーリーアダプターな皆さんは、将来の普及への期待と同時に値下げへの覚悟があったかと思われますが、ここまで急激な値下げを目にすると、もしや Oculus 自体が何かまずいことになっているのでは、買収したFacebook の都合で売りつくしなのでは?と若干不安を覚えないこともありません。

Oculusのコンテンツ担当VP Jason Rubin 氏は Fortune の照会に対して、今回の値下げは広く一般消費者向けの価格を試すためと回答しています。

Rubin氏いわく、この時期の値下げは夏季休暇で消費者に余暇が増えること、3月の価格改定で大きな手応えを得たこと、またコンテンツも充実してきたことが理由。

一応はサマーセールの期間限定値下げではあるものの、市場の反応を見て正式な価格改定の可否を判断するとしています。

大幅な値下げがあると、新製品の動向も気になるところ。こちらについては現時点で発表などはないものの、Oculus の 共同創業者 Brendan Iribe 氏は今年のインタビューで、次世代VRヘッドセットは現行から大きく進歩したものになるが、登場まで少なくとも2年はかかる見込みであると語っています。

これが文字どおり、CV1をそのまま2019年まで売る宣言なのか、次世代ではない改良版も有り得るのかは不明。

次世代といえば、Oculusは昨年秋の開発者イベントOC3で、PCや外部センサ接続が不要なスタンドアロン型のプロトタイプ Santa Cruzを公開していました。とはいえ、CV1の次がスタンドアロンになるとは限りません。

Iribe氏はまた、次世代版が登場した後も第一世代のCV1を多くのユーザーが使い続けるだろう、とも語っているため、現行版を買った途端にハシゴを外されることはなさそうです。

Oculus Rift | Oculus