スマホがあれば1人ぼっちはもうつらくない?(写真はイメージ)


 積極的に自分1人だけの時間や空間を持ち、誰にも気兼ねなく楽しむ。そこに1人でいることに対する孤独感や寂しさなどは感じられない──。

 旅行やエンターテインメントをはじめ、従来のイメージでは一見「孤独な人」に見えるような行動を積極的に1人で楽しむという、“ハッピーロンリー”な価値観に根ざした行動をする人々が、性別や年代を越えて増えてきている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

いつでもどこでも1人になりたい!

 コシダカ(東京都港区)が展開する1人客専用のカラオケボックス「ワンカラ」は、大人数で盛り上がるという従来のカラオケの発想から離れ、1人で気兼ねなく楽しむという新たなニーズを取り込んでいる。主な客層は、20代から50代の社会人。防音の個室空間という特性から、勉強や楽器の練習など、カラオケ以外のニーズの利用もあるようだ。

 企業側もこのようなカラオケボックスが持つ幅広い可能性に目をつけ、最近は1人用のボックスでオンライン英会話レッスンを受けられるサービスなど、新たなビジネスも展開している。

 また、1人になれること自体に価値を見出す生活者を対象とした商品も出てきている。ビーズ(東大阪市)の「ぼっちてんと」は、使用時のサイズは幅130×奥行130×高さ160センチと、1人が入るのにちょうど良い“狭さ”。本体重量は2.2キログラムと軽い。折りたたむと直径60センチ程度の円盤状となり、収納や持ち運びも簡単という商品である。

 テントといっても、その購入目的は、キャンプで使うことではない。家族と住んでいる自宅や、他人との共用空間など、好きな場所で好きなときに自分だけの隔離されたプライベート空間を作れるアイテム、という位置づけだ。勉強や仕事、趣味への没頭など、何をするのも自由。「とにかく1人だけの空間が欲しい」という欲求を持つ人々が、この商品を購入しているようだ。

スマホが「1人でいること」のハードルを下げた

 積極的に1人で楽しむライフスタイルが顕在化してきた背景には、1人で行動することを妨げる三大障壁とも言える「寂しさ、気恥ずかしさ、不安感」が、それぞれ低下してきていることがあると考えられる。

 これらの障壁が下がった大きな要因の1つは、スマホの普及だ。スマホがあれば、1人でいるときもSNSアプリなどで家族や友人と常につながっていられる。また、どこかに行きたいときもネット検索や地図アプリなどで、目的地の詳細やそこまでの経路に関する情報などが簡単に入手できる。これらの状況は、1人で行動することの寂しさや不安感を大幅に軽減した。

 さらに、主に若年層の一部では、「1人焼肉」や「1人鍋」の状況をSNSで実況中継するなど、それをあえて周囲に知らせることで、従来は他人に知られるのが気恥ずかしかったような行動を、共感を得るための「おいしいネタ」に変換してしまう動きも出てきている。

 一方で、スマホのSNSアプリなどを通じて常に周囲とつながり続けている状況は、見方を変えれば、「緩やかな相互監視」のような状況に身を置いていると捉えることもできる。

 NRIが2016年に実施した調査では、ネットによる相互監視について、否定的な人の割合が57%という結果であった。周囲とつながりすぎることに、不安やストレスを感じる人も少なくないのである。一部の人はそれを和らげる意味で、自分1人だけの空間や時間を持つということに対して、より大きな価値を感じるようになってもおかしくはない。

 そしてこれも、スマホが、「1人で楽しみたい」という生活者の心理を助長している一つの側面と言えるかもしれない。

ハッピーロンリーの波はシニア層にも

 旅行会社のクラブツーリズム(東京都新宿区)が展開する「集合場所確認ツアー」が、中高年女性に大盛況だという。1人での参加が条件で、内容は東京駅や羽田空港など、ツアーの集合場所を下見するというもの。参加費用は、ランチが付いて4900円である。

 クラブツーリズムには、1人で参加することが条件の「ひとり旅」というツアーがある。これも同社の人気商品の1つなのだが、「集合場所確認ツアー」は、この「ひとり旅」に初めて参加してみたいと思う人が抱く「1人で集合場所までたどり着けるだろうか」という不安を解消することが、主な目的の1つとなっている。参加者にとっては、初めての1人旅に向けた予行練習となり、主催者にとっては、このツアーの販売が、「ひとり旅」ツアーの販売促進にもつながっている。

 このように、“ハッピーロンリー”な価値観や行動は、シニア世代でも顕在化してきている。ただし、シニア世代の場合は、若年〜ミドル層とはやや性質が異なるようだ。

 NRIの調査によると、2015年におけるスマホの所有率は、60代で男女とも2割前後。また、スマホを持っていてもSNSを利用している人は13%にとどまる。当然、スマホを通じて周囲とつながっているという意識は低いはずだ。あえて1人になりたい、1人で楽しみたいという意識が強まる要因は、特に見当たらない。むしろ、職場や家庭など、常に誰かと関わりながら生活していた日常環境から離れたことで、新たなつながりを求めている人も多いだろう。

 これらの点から考えると、シニア層の“ハッピーロンリー”な行動は、表向きには若年〜ミドル層のように、1人で気兼ねなく楽しんでいるように見えても、潜在的には、それが目的なのではなく、「新たに人とつながるきっかけを作りたい」という意識のもとに行われている場合も多いのではないかと推測される。

「ひとり旅」や「集合場所確認ツアー」が人気なのは、それぞれ自分1人で参加している、「同じ境遇」の人同士をつなげるきっかけになっているという点も、要因の1つだろう。

 ただし、NRIの調査では、2015年時点で50代は5割前後、40代は7割以上がスマホを所有している。今後、スマホの所有が当たり前の年代の人々がシニア世代に入るにつれて、若年〜ミドル層とシニア層の意識の違いは次第に小さくなり、純粋に「自分1人で気楽に楽しみたい」、というシニアも増えていくことだろう。


企業にとっては新たなチャンス

 今後の日本では、少子高齢化や未婚率の上昇などにより、幅広い世代において1人暮らしの割合が増加していく。また、消費の観点では、その中心が家族や友人同士、カップルなどの「グループ単位」から、1人で利用することが前提の「個人単位」へと徐々に動いていくだろう。そして、このような環境変化は、企業にとっては新たな成長ビジネスを生み出すチャンスとなるはずだ。

 企業がこのチャンスを掴むために、「ハッピーロンリー」は重要なキーワードの1つとなるだろう。

 例えば、生活者がそれぞれの世代に応じてハッピーロンリーに行動できる環境やきっかけ作りを行う、という視点からビジネスを考えてみる。すると、若年〜ミドル向けには、「ワンカラ」や「ぼっちてんと」のような、「スマホで緩やかにつながりながらも、1人で自分らしく、快適に過ごせる時間や空間作り」。シニア向けは、「集合場所確認ツアー」のような、「1人で行動することをきっかけとした、新たなつながり作り」を後押しする商品やサービスなどの発想へとつながっていく。

 また、それらの商品やサービスは、全く新しいものである必要はない。例えば、「ワンカラ」は、既存のカラオケサービスを1人利用向けに発想転換したものであり、「集合場所確認ツアー」は、1人で行動するきっかけ自体を商品化したものだ。このように、既存の商品やサービスを1人で快適に利用しやすい形にひと工夫することでも、新たな市場を開拓は可能だ。

 社会環境の変化に合わせて、今後ますます増えていくであろう、ハッピーロンリーな人々。縮小が続く国内市場において、新たな消費を生み出す可能性にあふれるこれらの人々の行動と、それを後押しするビジネスの動向に、今後も着目していきたい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:石原 進一