『iOS 11』でiPhoneに「SOS」機能が追加されます。どんな機能なのでしょうか。

電源ボタンの連打で警察・消防に通報できる

iPhoneの電源ボタンを5回連続して押すと、大音量で3秒のカウントダウンが始まり、その後には警察や消防に通報できます。iPhoneのロック解除は不要です。カウントダウン中なら通報前にキャンセルもできます。

おそらく日本では、通報先を「警察」・「海上保安庁」・「火事・救急車・救助」から選ぶことになります。

『iOS 10』でもロック画面から緊急通報はできますが、パスコード入力画面を表示→【緊急】をタップ→番号を入力して電話する手間があります。

SOS機能があれば、一刻を争う事態に気が動転してしまっても、電源ボタンを5回連続して押すことさえ覚えていれば、スムーズに通報できます。

Apple WatchにはSOS機能が導入済み。Wi-Fi通話を設定しておけば、サイドボタンを長押しするだけで通報できます。

設定した連絡先に連絡+位置情報を送信

SOS機能で通報すると、ヘルスケアアプリで緊急連絡先として設定された連絡先にも自動で連絡します。

さらに現在地も送信されますが、キャンセルしない限りは送信が継続され、緊急連絡先の人がiPhoneの場所を追跡できるようになります。

インドでは『iOS 10.2』から提供中

当局の規制により、インドでは『iOS 10.2』からiPhoneにSOS機能が追加されました。

インド版のiOS 10.2では電源ボタンを連打する回数を3回と5回から選べますが、iOS 11ではこの設定は提供されないようです。

通報が終わり、緊急連絡先への連絡も終わると、iPhoneにヘルスケアアプリに設定したメディカルIDが表示される仕様になっています。iOS 11も同様の仕様になるのかは不明です。

参考

Apple Watch の SOS について - Apple サポートHow to Use the Emergency SOS Shortcut on Your iPhone in iOS 11 « iOS & iPhone :: Gadget HacksHow to set up and use Emergency SOS on your iPhone in iOS 11 | iMoreApple iOS 10.2 SOS function for India: Here’s what it is and how to use | The Indian ExpresswatchOS 3:緊急SOSの使い方(練習必須) | Watch OS | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)