Inc.:Ethereum(イーサリアム)は、Ethereum投資家だけでなく、テクノロジーや起業家のコミュニティ、大企業たちの間でも大注目を集めつつあります。

Bitcoinが決済に対してやることを、Ethereumはプログラミングやコンピューティングを含むあらゆることに対して行います。独自のブロックチェーンを利用しますが、Bitcoinとは機能的な違いがあります。たとえば、Ethereumプラットフォームを使うと、クラウドファンディングなど、あらゆるタイプの「スマートコントラクト」をホストすることが可能となります。

Ethereumのゴールは、分散型インターネットを構築することです。そして、Ethereumは「新しいインターネット」になる可能性がかなり高いと言えます。いつの日か、Ethereumによって、オンラインでコードをホストしたり、実行したりするテクノロジーや方法がすっかり置き換えられてしまうかもしれません。

この記事の執筆時点で、Ethereumの時価総額は170億ドルを超えています。ちなみに、Bitcoinの時価総額は340億ドルです。 つまり、Ether(Ethereumの通貨)が世界で2番目に価値がある仮想通貨であるということです。そして、この数字は昨日、30億ドル以上も急騰しました。今後どこまで上昇するかわからない、と多くの人が言っています。

Enterprise Ethereum Allianceは、当初から大きな関心を集めていましたが、先日、86の企業が新しくこの同盟に加わっています。

いま世界で最もトレンディな仮想通貨について、誰もが尋ねる質問は、どうすればそれが手に入るのか?です。一番簡単な方法は、CoinBaseのような取引サイトを利用することです。あるいは、Kraken、Poloniex、Geminiなどの仮想通貨交換サイトを使っても良いでしょう。

通貨を手に入れたら、デジタルウォレットに安全に保管しておくことができます。情報を書き込めば物理的なウォレットに保存することも可能です。

Silicon Valleyのような番組がすでにEtherをメインストリームに持ち上げはじめているのを見ても、Ethereumの未来は明るいようです。