【詳細】他の写真はこちら

磨き心地をぜひ試してみたいもの。

毎日の歯磨きは当たり前の習慣ですが、そのために費やす時間って積み重なると少し気になりますよね。もう少し歯磨きに使う時間が減らせたら、朝もゆっくり出掛けられるのに……。なんて思うことも。そんなあなたにうってつけな、たった10秒くわえるだけで歯磨きが終わる電動歯ブラシ『Amabrush』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。

もぞもぞ動く、シリコン製のマウスピース型の歯ブラシ





この『Amabrush』の特徴として挙げられるのは、自分では全く歯を磨く動作をする必要がないこと。上画像のマウスピースを口に含んでスイッチを入れるとシリコン製のブラシがもぞもぞと口の中で動き、歯を磨いてくれるんです。さらにマウスピースに設けられた小さな隙間から歯磨き粉を口内全体に行き渡らせてくれます。

マウスピースはバクテリアを99.9%殺菌してくれる素材でできており、自動で清潔な状態を保ってくれるんだそう。マウスピースの寿命は3〜6ヶ月ほど。交換用のマウスピースは6ユーロで販売される予定とのことです。

無線充電が可能なハンドピース





そして、こちらがマウスピースを動作させるハンドピース。内部にはバッテリーが搭載されており、「Qi」規格による無線でマウスピースの充電が行えます。ハンドピースは1度満充電にすれば約1ヶ月歯磨きに使えるそうです。そしてBluetoothでスマホと連携させれば、アプリから「歯肉マッサージ」「ホワイトニングモード」「バーストモード」といった磨き方を選んだり、磨く時間を設定したり、交換パーツを注文したりとさまざまな機能が利用できる予定なんだとか。

人生の時間、有効活用してみない?





この電動歯ブラシの開発元によると、毎日『Amabrush』を使うことで人生で歯磨きに費やす時間が最大100日節約できるそうです。そう考えると、お値段以上にお得な電動歯ブラシのような気がしてきますね。

そんな『Amabrush』のプロジェクトはすでに資金調達を達成済み。現時点では79ユーロ(約1万円)の支援で1つ入手できます。製品の出荷時期は2017年12月予定。日本への発送にも対応してくれるようですよ。

文/塚本直樹

関連サイト



『Amabrush』プロジェクトページ(英語)