穂積絵莉とラジャのミックスダブルスは2回戦で第11シードに敗退 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)のミックスダブルス2回戦で、プラブ・ラジャ(インド)/穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)は第11シードのダニエル・ネスター(カナダ)/アンドレア・クレパーチ(スロベニア)に2-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間7分。

 穂積はミックスダブルスに初参戦。2日がかりとなった1回戦で、ジェームス・セレタニ(アメリカ)/レナタ・ボラコバ(チェコ)を5-7 6-4 6-2で破って勝ち上がっていた。

 加藤未唯(佐川印刷)と組んで第16シード女子ダブルスにも出場していた穂積は、1回戦で予選勝者のモニク・アダムザック/ストーム・サンダース(ともにオーストラリア)に1-6 2-6で敗れていた。

 ネスター/クレパーチは3回戦で、アンドレ・ベゲマン(ドイツ)/ニコール・メリチャー(アメリカ)と対戦する。ベゲマン/メリチャーは2回戦で、第6シードのラジーブ・ラム(アメリカ)/ケーシー・デラクア(オーストラリア)を1-6 6-3 15-13で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)のミックスダブルス2回戦で敗れたプラブ・ラジャ(左)/穂積絵莉(1回戦でのもの)