「安定を増していきたい。昨シーズンは、あまりにも失点が多すぎた」と振り返った、クリスチャン・シュトライヒ監督。1部昇格を果たしたばかりの昨夏には、準備期間で3バックをトレーニングを行なっていたものの、しかし負傷者が相次ぎあまり採用する
機会はなかった。

だが今シーズンは明らかにより多く3バックを採用することになるだろう。そうなじゃくては、ソユンチュ、グルデ、リーンハルト、ニーダーマイヤーにつづき、さらに2部カイザースラウテルンから若手コッホ獲得に動く理由はないはずだ。

昨季は昇格組ながrあ、7位でフィニッシュして欧州の舞台へと一気に飛躍を果たしたものの、その裏では60失点を記録。得失点差はマイナス18をも記録しており、接戦をものにしてのサプライス演出を果たしている。