ロシアW杯まであと1年!「最優秀若手選手賞」が誰になるか編集部が予想する

写真拡大 (全8枚)

ワールドカップの「プレ大会」的な立ち位置にあるコンフェデレーションズカップ2017が終了。

これにより、いよいよ2018年ワールドカップまでのカウントダウンが始まったと言っていいだろう。

すでに本大会への出場を決めているのはロシアの他ブラジル、イランの計3ヵ国だが、8月から9月にかけて行われる予選でその数は一気に増えるはず。あまり実感はないが、実はロシア大会の開幕まであと11ヵ月ほどなのだ。

そこで今回は、2018年ワールドカップに向けた予想企画の第1弾!

最も活躍した若手選手に与えられる、"Best Young Player"の受賞者を予想する。

日本では「最優秀若手選手賞」と呼ばれるこのアウォード。

大会を通じて最もインパクトを残した21歳以下の選手が選ばれ、現行のレギュレーションであれば2018年大会は1997年1月1日以降に誕生した選手が選考対象となる。

同賞は1958年大会から設立されたが、過去8大会の受賞者は以下の通り。

1986年:エンツォ・シーフォ(ベスト4のベルギー、当時20歳)
1990年:ロベルト・プロシネツキ(ベスト8のユーゴスラビア、当時21歳)
1994年:マルク・オフェルマルス(ベスト8のオランダ、21歳)
1998年:マイケル・オーウェン(ベスト16のイングランド、18歳)
2002年:ランドン・ドノヴァン(ベスト8のアメリカ、20歳)
2006年:ルーカス・ポドルスキ(ベスト4のドイツ、21歳)
2010年:トーマス・ミュラー(ベスト4のドイツ、20歳)
2014年:ポール・ポグバ(ベスト8のフランス、21歳)

傾向としてはベスト16に進んだチームから選出されており、1958年大会のペレを除くと優勝チームから出ていないというのがおもしろい。

受賞者はいずれもその後に大きなステップアップを見せており、世界的なプレーヤーへと羽ばたいた。

今回は、編集部のそれぞれに2018年大会で"Best Young Player"に輝くであろう選手を予想してもらった。

編集部H

Q. 2018年W杯で「最優秀若手選手」に輝くのは?
A. ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)

生年月日:1997/04/03 (20歳)
W杯の出場経験:なし

【コメント】

過去の統計から「ベスト16以上に勝ち残れるチーム」「21歳以下」「攻撃的な選手」を受賞資格に限定すると、現時点でもっともこの栄誉に近いのは、キリアン・エンバッペ・ロタンかガブリエウ・ジェズズであろう。

その中で、ここからフランス代表のレギュラー争いに勝ち抜かなければならないエンバッペに対し、チッチ体制となり蘇ったブラジル代表ですでにポジションを獲得しているガブリエウ・ジェズスが有利なのではないだろうか。

ちなみに過去の受賞者は、15名中13名が欧州の選手であるが、ジェズスはすでにプレミアにも順応しており、問題ないとみる。唯一の懸念材料はやや怪我がちなところか。

編集部I

Q. 2018年W杯で「最優秀若手選手」に輝くのは?
A. クリスティアン・プリシッチ(アメリカ代表)

生年月日:1998/09/18 (18歳)
W杯の出場経験:なし

【コメント】

本大会出場チームも出揃っていない現段階で選ぶのはムリがある。事実、アメリカ代表も北中米カリブ予選で3位と苦しんでいる。とはいえ、順当にいけば本大会出場権は獲得できるだろう。

そのなかで、18歳にして“10番”を背負い、攻撃を牽引する神童プリシッチはチームの命運を握る存在だ。彼が旋風を巻き起こせれば、アメリカの躍進にもつながるはず。

編集部O

Q. 2018年W杯で「最優秀若手選手」に輝くのは?
A. ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)

生年月日:1997/04/03 (20歳)
W杯の出場経験:なし

【コメント】

ウスマヌ・デンベレなど色々考えたが出場するか未定のチームから選ぶのも難しいので、すでに予選突破を決めたブラジル代表からバルボーザではなくジェズスのほうのガブリエウ。

マンチェスター・シティ移籍1年目からまるで何年も欧州でプレーしてきたかのようにチームにフィットし、得点を量産。チッチ監督率いるセレソンでも結果を残しており、怪我なく本大会に臨んでほしいと今から願う“怪物”だ。

編集部S

Q. 2018年W杯で「最優秀若手選手」に輝くのは?
A. マルコ・アセンシオ(スペイン代表)

生年月日:1997/04/03 (20歳)
W杯の出場経験:なし

【コメント】

先日行われたU-21欧州選手権で素晴らしいパフォーマンスを見せたアセンシオ。すでにA代表デビューを飾っているが、来年のワールドカップに向けたメンバー争いにももちろん加わってくるだろう。

そんなアセンシオは様々な大会の「初戦」に強く、2016-17シーズンはリーガ、コパ・デル・レイ、CL、U-21欧州選手権などで結果を残した。ポテンシャルは本物だが“何かを持っている”と感じさせる選手だけに、ワールドカップで大活躍しても全く不思議ではないだろう。

編集部K

Q. 2018年W杯で「最優秀若手選手」に輝くのは?
A. ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)

生年月日:1997/04/03 (20歳)
W杯の出場経験:なし

【コメント】

そりゃあ当然エンバッペ!と言いたいところだが、フランスはよく考えればエンバッペがレギュラーとしてプレーする可能性が低い。それはドンナルンマにも言える。

というところで、上位が確実な上に出場もあると考えればガブリエウ・ジェズスになるのではないか?クリスティアン・プリシッチと迷ったが、アメリカが決勝トーナメントに進めるかどうかが…。

編集部Q

Q. 2018年W杯で「最優秀若手選手」に輝くのは?
A. レナト・サンシェズ(ポルトガル代表)

生年月日:1997/08/18 (19歳)
W杯の出場経験:なし

【コメント】

今までの最優秀若手賞を見てみると、ヨーロッパの攻撃的な選手という傾向がある。そう考えると、イタリア、ドイツ、フランス、スペインあたりの若手が可能性高しと考えた。

ベスト16以上から選出されるが決勝進出チームからは選ばれていないことからフランス、スペインは優勝しそうなために法則に基づきエンバッペらを該当から外した。

そこで、コンフェデでも3位に輝いたポルトガルが来年のワールドカップでも力を発揮し、特に若い才能が躍動すると見た。