10日、中国の民間航空情報サイト民航資源網は6月の定時到着率で日本航空がアジア1位になったと伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年7月10日、中国の民間航空情報サイト民航資源網は6月の定時到着率で日本航空(JAL)がアジア1位になったと伝えた。

フライトデータサービスの「VariFlight」が6月の「世界の航空会社の定時到着率リポート」を発表した。それによると、世界の主要航空会社ではトルコのペガサス航空が定時到着率97.32%で1位となった。平均遅延時間がわずか2.93分だった。次いで97.1%の日本航空で平均遅延時間は4.11分、3位が96.66%の全日空で平均遅延時間は4.60分だった。

4位以下は順に、トルコ航空(トルコ)、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)、ニュージーランド航空(ニュージーランド)、イベリア航空(スペイン)、インディゴ航空(インド)、アズールブラジル航空(ブラジル)、大韓航空(韓国)と続いた。

アジア地区では、1位が日本航空、2位が全日空、ニュージーランド航空が3位に入った。中国の航空会社では、11位の四川航空が最も順位が高く、定時到着率は70.24%、平均遅延時間は36.83分だった。

また、中国の主要10大航空会社の中では、天津航空の定時到着率が最も高く、71.09%で平均遅延時間は34.93分だった。次いで四川航空、東方航空、中国国際航空、南方航空と続いた。(翻訳・編集/山中)