地元イギリスのコンタがガルシアを倒して準々決勝進出 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の女子シングルス4回戦で、第6シードのジョハナ・コンタ(イギリス)が第21シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)を7-6(3) 4-6 6-4で破り、ベスト8進出を果たした。試合時間は2時間12分。

 ウィンブルドンに6年連続出場となる地元イギリスのコンタは、初出場から4年連続1回戦敗退のあと、昨年の大会で初勝利を挙げ、2回戦でユージェニー・ブシャール(カナダ)に3-6 6-1 3-6で敗れていた。

 この結果でコンタは、ガルシアとの対戦成績を3勝2敗と勝ち越した。今シーズンは3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー)の3回戦で対戦し、ガルシアが3-6 6-3 7-6(1)で勝っていた。

 コンタは準々決勝で、第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。ハレプは4回戦で、元世界ナンバーワンのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を7-6(3) 6-2で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子シングルス4回戦でカロリーヌ・ガルシアを破り、ベスト8進出を果たした地元イギリスのジョハナ・コンタ
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 10: Johanna Konta of Great Britain celebrates match point and victory during the Ladies Singles fourth round match against Caroline Garcia of France on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2017 in London, England. (Photo by Michael Steele/Getty Images)