バンダウェイがウォズニアッキから初勝利で2年ぶりのベスト8進出 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の女子シングルス4回戦で、第24シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)が第5シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を7-6(4) 6-4で破り、ベスト8進出を決めた。試合時間は1時間37分。

 ウィンブルドンに7年連続出場となるバンダウェイは、2015年に自己最高の8強入り。昨年は4回戦で、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)に3-6 3-6で敗れていた。1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では、グランドスラム自己最高の準決勝進出を果たしている。

 この結果でバンダウェイは、3度目の対戦でウォズニアッキから初勝利を挙げた。昨年は10月に北京(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の1回戦で対戦し、ウォズニアッキが6-1 2-6 6-4で勝っていた。

 バンダウェイは準々決勝で、マグダレナ・リバリコバ(スロバキア)と対戦する。リバリコバは4回戦で、予選勝者のペトラ・マルティッチ(クロアチア)を6-4 2-6 6-3で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子シングルス4回戦で対戦したカロライン・ウォズニアッキ(左)とココ・バンダウェイ(右)
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 10: Coco Vandeweghe of The United States and Caroline Wozniacki of Denmark shake hands after the Ladies Singles fourth round match against Caroline Wozniacki of Denmark on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)