ウディネーゼ、ユーベらも関心示したペスカーラの逸材MFクリバリを獲得! 一時“ホームレス”だった異色の経歴

写真拡大

▽ウディネーゼは10日、ペスカーラからセネガル人MFママドゥ・クリバリ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。なお、クリバリは2017-18シーズンはウディネーゼからのレンタルという形でセリエBに降格したペスカーラに残留する。

▽セネガル出身のクリバリは、2015年に家族に内緒で母国を離れ、モロッコ経由で船に乗りスペイン、フランス、イタリアを渡り歩き、所属クラブを探すためトライアルに参加し続けた異色の経歴を持つプレーヤーだ。また、同時期に無一文だった同選手は、モロッコで船員、イタリアで警察の保護を受けるなど、一時“ホームレス”だったことも、大きな話題を集めていた。

▽最終的にペスカーラのトライアルに合格したクリバリは、昨シーズンにトップチームデビューを飾ると、リーグ戦の出場試合数こそ9試合にとどまったものの、卓越した身体能力とダイナミズム、創造性を兼ね備えたスケールの大きなプレーを披露。“NEXTポグバ”とも評される逸材には、今夏ユベントスやナポリなども獲得に関心を示していた。