「女子は料理ができるもの」というのが、暗黙の了解のようになっていますよね。でも実際は、女性の社会進出が活発になるにつれ、家で料理をする時間がなく、実は料理が苦手……という女子は実は多いのです。そんな女子の皆さんに、たった4つの調味料だけでお料理ができる方法を教えます! 簡単で覚えやすいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

彼の胃袋をつかむ簡単料理法はコレ!

1. 砂糖・醤油・酒・みりんの黄金調味料を使いこなそう

主食であるご飯と最高にマッチする味付けのおかずを作るなら、「砂糖・醤油・酒・みりん」の4つを使った黄金調味料で決まり! これはすき焼き、肉じゃがなどで使える味付けで、子どもから大人まで誰でも好むものです。黄金調味料を使って、豚肉とねぎを炒めるだけでも立派なおかずの完成です。簡単でかつおいしいので、料理が苦手な方でも楽ちんにできますね!

2. 黄金調味料は1:1:1:1でOK

この黄金調味料の簡単であるポイントは、合わせ方です。砂糖・醤油・酒・みりんの割合は全て1:1:1:1でOK! 砂糖を大さじ1にするなら、あとの調味料も全て大さじ1にします。炒めている時や煮ている時に水分がよく出る野菜などを使う場合は、全部の調味料を少し多めにするといいですね!
とはいえ、面倒だからといって目分量にすると、料理慣れしていない人は必ずと言っていいほど失敗します。面倒でも軽量スプーンを使って、全ての調味料を同じだけの量にするようにしてくださいね!

3. 彼の反応を見て比率を変えれば完璧

彼に食べてもらってみて、味付けがどうかを聞いてみましょう。例えば、「甘めの味付けが好き」という彼なら、砂糖とみりんを他の調味料よりも少しだけ多めにします。「辛めや濃い味が好き」という彼の時は、醤油とみりんを他の調味料よりも多くしてみます。
ここで大事なのは、何でも「おいしい」と言ってくれるからといって甘えないことです。彼に実際に自分の作った料理を食べてもらい、「どうだったか正直に教えて! もっとおいしい料理が作れるようになりたいから!」と彼の本音を聞き出しましょう。
すると本当はどんな味付けが好きなのか聞き出すことができ、より彼の胃袋をギュッとつかむチャンスになります。

4. 難しそうな煮物も黄金調味料でおいしく完成!

「煮物」と聞くと、難しそう……と感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません! 煮物はその字のごとく「煮る」だけです。たとえば肉じゃがでいうと、お肉・ジャガイモ・その他入れたい具材を「切って」「鍋に入れて」「柔らかくなるまで煮る」これだけです。
味付けはもちろん黄金調味料でOK! お肉の色が赤から白っぽく変わったころに黄金調味料を加えて、竹串がジャガイモに力を入れずとも「スー」っと通ったら完成なのです。黄金調味料は水の量や具材の量によって1:1:1:1の割合を守りながら増やしていきます。味見をしながら増やしていけば、入れすぎたりすることはありませんよ!

いかがでしたか? 黄金調味料はお肉・野菜との相性抜群です! 普段は料理をしない女子でも、簡単にできる黄金調味料で彼にご飯を作ってあげてみてください。きっと喜んでご飯をおかわりするはずです!