Inc.:人生は短く、やるべきことはたくさんあります。良い暮らしができるくらいの収入を稼ぎつつ、人生を満喫するための時間も確保しようとするなら、時間管理の手法を取り入れるのが手っ取り早い解決策のような気がしますよね。自分の時間の過ごし方を細かく記録し、時間の使い方をより合理的に考えることは、重要な仕事を成し遂げ、その一方でゆったりとリラックスする時間を得るには最善の方法のようにも思えます。

でも、ちょっと待ってください。多くの人が時間管理の手法を取り入れようとするのは、ストレスレベルを下げるためです。ところが、これに異を唱える専門家が増えています。過剰に時間を意識すると、落ち着くどころか、かえって不安感が増すというのです。ビジネス心理学者のTony Crabbe氏は、毎分毎秒をカウントしていると強迫観念がさらに煽られてしまうと指摘します。

さらに最近になってスタンフォード大学から発表された新たな研究結果も、ハードサイエンスや生物学のデータから、こうした直感的に導き出される結論を裏付けています。「時は金なり」を文字通りに受け止めたからといって、時間のやりくりが上手くなったり、効率が上がったりするわけではない、ということです。逆に、時間を気にしすぎると、体にストレスがたまり、健康を損なうことさえあるかもしれません。

時間管理への過度のこだわりは健康に悪影響

この研究の枠組みは非常にシンプルです。研究チームは104人のボランティアを募り、架空の会社で2時間、有給で働いてもらいました。被験者は2つのグループに分けられ、両者の設定にはごくわずかの違いが設けられました。すべての被験者に割り振られる仕事は同じで、賃金も同額です。ただし片方のグループには、1分ごとに支払われる給料の額を正確に伝えました。このグループに入った人たちは、具体的な金額を聞くことにより、ベンジャミン・フランクリンの金言「時は金なり」を胸に刻んで仕事に臨んだわけです。

報酬額の計算方法が違うだけで、金額が変わっていないのだから、ストレスレベルに及ぼす影響はさほどないだろうと思われるかもしれません。しかし、研究チームが被験者の唾液に含まれるコルチゾール(ストレスを測る生物学的な指標で、時とともにこの濃度が上がると、健康に深刻な悪影響を与えることがわかっています)を調べたところ、1分の経済価値を思い知るように仕向けられたグループの人たちは、ストレスレベルが何と25%も高くなったというのです。

「25%近くもストレスレベルが高くなれば、重大な健康上の問題を招く恐れがあります」と、研究の共著者の1人で、スタンフォード大学ビジネススクール所属のJeffrey Pfeffer氏はコメントしています。とはいえ、時間を気にする思考が体に与える悪影響は、行きすぎた時間管理が招く、意外な副作用の1つにすぎません。さらには、幸福感が失われる恐れもあると、Pfeffer氏は警告しています。

「誰もがつねに自分の時間が持つ経済的価値を計算しています。しかし、時間とお金のことばかり考えていると人生を楽しめなくなることが、さまざまな研究で明らかになっているのです。こうしたことを考えている人は、だんだんこらえ性がなくなっていきます。音楽を聴いたり、沈む夕日を見たりしても、感動を覚えなくなるのです。我が子のサッカーのコーチを務めることが、どれだけの時間とお金の損失になるか、といった考え方をしていては、幸福は遠ざかってしまいます」と、Pfeffer氏は解説しています。

時間は金だけではなく、大切な人生の一部でもある

ここから学ぶべき教訓は何でしょう? 何時間もかけてランチをとり、昼寝の時間をたっぷりととれるような余裕がある人の方が、いざ本気を出せば、実は意義ある仕事を成し遂げられることが、過去の事例や科学的研究で示されています。さらに今回の研究でもう1つ、より健康になれるというメリットが加わりました。でも残念ながら、傍目には「なまけて」いるように見えるこうした生活こそ望ましいのだということを、上司や顧客に納得してもらうには、この研究成果だけでは不十分です。

ですから、ゆったりとした暮らしを選ぶのが現実的に難しいという、現代人にとってありがちなケースにおいては、節度を持った時間管理というのがベストなアプローチでしょう。1日の計画を緻密に練ることには、確かにメリットもあります。ただし、やりすぎないように気をつけましょう。仕事の合間に短い休憩を数多くはさみ(休憩時にはできれば電話を持たず自分のデスクからも離れましょう)、毎分毎秒を仕事に結びつける考え方から自由になれば、時間の経済的価値にとらわれていた時よりもずっと幸福感が増し、生産性もアップするはずです。