Apink ユン・ボミ、始球式で球速100kmを達成?野球バラエティ「魔球団」未公開映像を公開(動画あり)

写真拡大

MBCアナウンサー局で新しく企画されたウェブコンテンツ「魔球団」投手編ユン・ボミの未公開映像が公開された。

「魔球団」は、花の乙女の球速100km投手挑戦記で、野球を愛する少女達が最上級のメンターと出会い、野球マスターになるまで挑戦する、国内初スポーツミッションリアルバラエティ番組だ。

本日(10日)、MBC公式FacebookとkakaoTVを通じて公開された「魔球団」投手編の未公開映像は、始球当日にユン・ボミが緊張する様子と、始球後に悔しがる姿まで見ることができ期待を集めている。先月、Apinkのユン・ボミの出演で話題を集めた「魔球団」は、製作スタッフの介入を最小化したリアルバラエティで、野球マスターのチョン・ミンチョル解説委員が加わり、多くの野球ファンの注目を集めた。

花の乙女ユン・ボミの始球100km/hへの挑戦は72km/hで惜しくも失敗した。メンターとして出たチョン・ミンチョル解説委員は「基本的に80km/hの球速能力を持っていたので、十分に挑戦の可能性があった」と残念がり、続いて「野球に対する姿勢が変わったし、真心を込めて挑み、芸能人の始球の新しい指標を開いた」と明かし、弟子に対する賞賛を惜しまなかった。

ユン・ボミは、悔しさを表わしながらも次の「魔球団」への挑戦者を気にするなど、持続的な関心を表すとともに、番組と野球に対する愛情を表わした。特に映像の終盤には、打者編に出演するEXIDのヘリンの荒々しい打撃姿勢を見せ、どんな挑戦が繰り広げられるのか「魔球団」花の乙女打者編に対する期待感を一層高めた。

新しい挑戦でウェブコンテンツ企画を試みたMBCアナウンサー局の初プロジェクト「少女、魔球を投げる−魔球団」の投手編に続く打者編は17日午前、MBC公式FacebookとkakaoTVを通じて公開される予定だ。