『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)は1968年7月に創刊され、1969年10月からは週刊発行を開始した少年漫画雑誌です。数々のヒット作を作り出し、掲載されていた漫画の名前をあげていけば、どれかひとつは聞いたことがあるものが出てくるのではないでしょうか?

そんな『週刊少年ジャンプ』も2018年でいよいよ50周年を迎えます。これを記念して、『週刊少年ジャンプ』の創刊から現在までの歴史を振り返る展覧会、『週刊少年ジャンプ展』が3回にわけて、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー 52階)で開催されることになりました!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

第1弾となる今回は、「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊〜1980年代、伝説のはじまり」と銘打って、7月18日から10月15日の期間、開催されます。この時代を代表する350点以上の原画の数々と、作品を紹介する会場限定の映像シアターなど、豪華かつ貴重な展覧会になっています。また会場では60点以上の貴重な原画を掲載した公式パンフレット(500円)、そして会場に展示される原画を全て収録し、レジェンド作家9 組のインタビュー完全版も収録された公式図録(3500円)も販売が行われ、ジャンプの急成長期を支えた数々の作品のメモリアルを持ち帰ることが出来てしまうのです。

また会場併設のMuseum Cafe 「THE SUN」では、『Museum Cafe 「THE SUN」×「週刊少年ジャンプ展VOL.1」バーガー祭り』と題して、展覧会で展示する9作品をイメージしたオリジナルバーガーが販売されるコラボカフェが登場します。

カフェのオープンは11時から22時まで。今回は『ハレンチ学園』・『男一匹ガキ大将』・『こちら葛飾区亀有公園前派出所』・『キン肉マン』・ 『キャプテン翼』 ・『北斗の拳』・『DRAGON BALL』・『シティーハンター』・『聖闘士星矢』 の大人気9作品のオリジナルコラボハンバーガーが登場!どのハンバーガーも作品の特徴が分かるクオリティです。カフェはジャンプ展、森美術館、展望台入場券を持ちの方のみ利用が可能です。

そして!今回の『週刊少年ジャンプ展VOL.1』に先駆けて歴代の「週刊少年ジャンプ」の表紙が新宿に大集合!JR新宿駅東口改札付近に、展示会に登場する作品の表紙が掲出されています。ポスターの掲載期間は7月10日から7月16日まで。 もしかすると、みたことのある表紙がポスターの中にあるかもしれませんね!

『週刊少年ジャンプ展VOL.1』は平日10時から20時まで、土日祝日、お盆の期間は9時から21時まで観ることができます。料金は一般2,000円、高・中学生 1,500 円、4歳から小学生までが800円になっています。(前売りはそれぞれ1,800円、1,300円、500円)
また7月16日、17日にジャンプ伝説をひと足先に体感できる『プレビューデイ券」』は、セブン‐イレブンで7月15日まで発売中です。こちらは、一般2,000 円 高・中学生1,500 円 4 歳から小学生800円になっています。

次回『90年代展』は来年3月から6月まで、そして『2000年代』展は来年7月から9月に予定されています。今後の情報は「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年ジャンプ展」公式サイトにて掲載されるそうなのでこちらも楽しみにしていてくださいね!

この夏、ジャンプの最強伝説を目に焼き付けよう!






(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)本宮ひろ志/集英社
(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社
(C)ゆでたまご
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983
(C)高橋陽一/集英社
(C)バードスタジオ/集英社
(C)北条司/NSP 1985
(C)車田正美/集英社

(天汐香弓 / 画像提供・週刊少年ジャンプ展PR事務局)