福田雄一監督、小栗旬、ムロツヨシ (C)モデルプレス

写真拡大

【小栗旬・ムロツヨシ・福田雄一/モデルプレス=7月10日】空知英秋氏の人気漫画を実写化した映画『銀魂』(14日公開)の中高生限定試写会と福田雄一監督のトークイベントが10日、都内で行われ、主演の小栗旬、共演のムロツヨシがサプライズ登場し、中高生を熱狂させた。

【さらに写真を見る】映画「銀魂」間もなく公開!

イベントは元々、上映後に福田雄一監督のトークショーがあることは事前に告知されていたが、福田監督が演出する舞台で、小栗やムロが出演する「ヤングフランケンシュタイン」の稽古がイベント前まで行われていたことから、2人も来場者に内緒でこの日は合流することになっていた。

◆ムロツヨシの中高生からの人気が異常


サプライズは2段階で行われ、まずはムロの登場からだったが、冒頭で福田監督は“今日はある人も呼んだ”と明かすと、観客からフライングで大きなリアクションが起きた。

同作には小栗のほかにも菅田将暉や橋本環奈など人気俳優や女優が多数出演していることもあり、福田監督は「期待している人ではないよ!」と牽制しつつも「誰だったらいいの?!」という呼びかけに「\ムロツヨシ―!!!!!!!/」と、ムロの手作り内輪を持参していたファンらから大合唱。小栗や菅田らと思いきや、想定外の答えに福田監督はたじたじになり、ムロが登場すると会場は割れんばかりの黄色い歓声と拍手に包まれていた。

会場の中盤あたりの来場者のゾーンは、福田監督の登場時にも大熱狂。「あのゾーンの熱量が特にすごい(笑)」と指摘しつつ、ムロと福田監督は「え…何部?何部?」としきりに学校での部活動を尋ねるなどし、親交を深めていた。

◆小栗旬の登場に騒然


その後、ムロと福田監督に来場者から寄せられた質問コーナーがあった際、来場者から福田監督に「胸キュンさせてください」というオファーが。ムロも福田監督も「俺らは無理だよ!!」「キュンさせる役なんてやったことがない」と話し、ここぞとばかりに福田監督は「ちょっとそこの背の高い子!」という呼びかけをし小栗を呼び込んだ。

中高生たちは騒然としつつも状況を理解すると大歓声。歓声に小栗は「俺も35だからね!」と照れながら笑顔を見せていた。

映画は、宇宙からやってきた“天人(あまんと)”によって開国されたパラレルワールドの江戸末期を舞台に、便利屋“万事屋銀ちゃん”を営む坂田銀時(小栗)とその仲間の身に起きる様々な事件を描く、笑いあり感動ありのアクションエンターテイメント。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】