ひんやり癒される。マイナス196℃ですぐできるフレッシュなジェラート

写真拡大 (全3枚)

さすがは夏。エクストラコールド・ビールや、アイスコールド・コーラなど、氷点下の飲み物が話題です。なかでも気になるのは、マイナス196℃で一気に、60秒で出来上がるという『その場で作るフレッシュジェラート』。「パパブブレGINZA SIX店」にて販売中ということで、早速いただいてみました。
皮をむくところから作るジェラート
パパブレに近づくと、とっても冷たそうな白い煙が見えます。このマイナス196℃を可能にしたのは、液体窒素。液体窒素といえば、お花やボールなどをそのなかに入れると瞬時に凍り、取り出してボロボロに割る様子を科学の実験で見たことも。そんなおっかなびっくりの薬品を使うというので口にするのをためらいましたが、液体窒素は気化するので残らず、問題ないのだそう。
そこで安心して「イチジク」をオーダーすると、生のイチジクが登場。なんと皮をむくところから作るのに、オーダーして数分後にはいただける状態になりました。

マイナス196℃というイメージだけで冷たすぎないか心配でしたが、口にすると普通のアイスのように食べやすい冷たさで、ミルクのまろやかさとイチジクのフレッシュな風味がなんとも言えないおいしさです。
フレッシュなイチジクとアボカドを使用
フレーバーはイチジクのほかにアボカドも。通常のジェラートづくりでは変色しやすく、扱いが難しいとされるこの2種類をあえて使い、天然の色と風味を瞬間的に閉じ込めたとか。

食感は「つるっ、ふわっ」という感じですが、これは瞬時に冷やし固めることで氷の粒子が細かくなるため、一般的なジェラートに比べ非常に滑らかな口どけに仕上がるからだとか。その口どけに癒されます。
ショッピングにつかれたら『その場で作るフレッシュジェラート』で、ひんやりリフレッシュがおすすめ。でも2017年7月3日(月)から約1カ月間のみの限定販売で、その後は「パパブブレGINZA SIX店」以外でも販売予定はない(※7/3現在)とのことなので、興味のある人はお早めに。

「その場で作るフレッシュジェラート」
フレーバー:イチジク・アボカド ※入荷状況により素材が変更になる場合が ございますので予めご了承ください
価格:950円・800円(税込)
販売期間:2017年7月3日(月)から約1カ月間
販売店:パパブブレ GINZA SIX店
住所: 東京都中央区銀座6丁目10番1号 B2F
電話番号: 03-6228-5535
営業時間: 10:30〜20:30( GINZA SIXに準ずる)