原作者からの似顔絵プレゼントに感激する窪田正孝(中央)と蒼井優(左)、鈴木伸之(右)

写真拡大

石田スイの人気コミックを実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』のジャパンプレミアが7月10日に丸の内ピカデリーで行われ、窪田正孝、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、相田翔子、柳俊太郎、前野朋哉、萩原健太郎監督が出席した。

『東京喰種 トーキョーグール』ジャパンプレミア、その他の写真

本作は、人の姿をしながら人を喰らう怪人「喰種(グール)」が跋扈する東京を舞台に、喰種と人との戦い、そしてある出来事から半喰種となってしまった学生・カネキ(窪田)の運命を描いたバトルアクション。この日は劇場外でレッドカーペットセレモニー、劇場内で舞台挨拶が行われ、ファンとともに本作の門出を祝った。

今月初頭にはロサンゼルスでワールドプレミアも行われており、参加した窪田は「びっくりしたのが、監督とプロデューサーが英語ベラベラだったこと」と切り出すと、「監督の『Hello』から始まってみんな英語の中、俺は英語をしゃべれないから日本語で『東京喰種好きですかー!』って聞いたら『Yeahhhh!!』と返ってきて、日本語わかるんだなって思いました。たぶん、好きなものから日本の文化を知ってくださっている部分もあるのかな」とユーモアを交えつつ現地の熱狂ぶりを報告。

また、演じたカネキの魅力について窪田が「読書が好きで冴えない男の子だけど、真っ白で何にも染まっていないのが魅力なのかな」と語ると、カネキが憧れる女性・神代利世を演じた蒼井は「カネキ君が真っ白なのに対して、こっちは漆黒のような黒さかな。カネキ君がちょっとつつけば引っかかってくれるから、釣で餌をちょっと投げたら引っかかってくれるような感じで楽しかったです」といたずらっぽい笑みで話した。

トークではほかにも撮影エピソードを披露し、捜査官の亜門鋼太朗を演じた鈴木は「アクションも窪田さんがすごく動ける方なので、やっていて楽しかったです。現場では緑のテープがついていてCGで後から赫子(かぐね)を飛び出す設定でしたが、本当にそれが出ているかのようなお芝居をしてくださって、何のストレスもなくやらせていただきました」とコメント。

亜門の上司・真戸呉緒を演じた大泉は、今までにないダーティな役のオファーが来たことへの喜びを語りつつ、原作ではやや人間離れしたビジュアルなことに「発表となっときは『大泉じゃない』という意見もあって、あの見た目だとそうだろうなとは思いました。でも、中には『ピッタリ』『まんま』というのもあって、あまりにはまってると言われるのもちょっと違う思いもあるんだよ」とぼやいて爆笑させた。

舞台挨拶の終盤では、原作者の石田氏が描いた窪田版カネキのイラストを、窪田がプレゼントされる一幕も。雰囲気たっぷりの力作で、窪田は「心からお礼を言わせてもらいたいです」「ホクロもいっぱいあるのにそこもちゃんと描いてくれていて」と感激しきりだった。

『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開となる。
(text&photo:中村好伸)