ムグルッサがケルバーとのファイナリスト対決を制して準々決勝へ [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の女子シングルス4回戦で、第14シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が昨年のファイナリストで第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を4-6 6-4 6-4で破り、ベスト8進出を決めた。試合時間は2時間18分。

 ウィンブルドンに5年連続出場となるムグルッサは、2015年に自己最高となる準優勝。昨年は2回戦で、ヤナ・セペロバ(スロバキア)に3-6 2-6で敗れていた。

 この結果でムグルッサは、2015年の全仏オープンからケルバーに5連勝で、対戦成績を5勝3敗とした。前回の対戦は昨年10月のWTAツアー最終戦(シンガポール/室内ハードコート)のラウンドロビンで、ムグルッサが6-4 6-4で勝っていた。

 ムグルッサは準々決勝で、第7シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)と対戦する。クズネツォワは4回戦で、第9シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を6-2 6-4で下しての勝ち上がり。

 昨年準優勝だったウィンブルドンで4回戦敗退となったケルバーは、大会後に更新される世界ランクでナンバーワンから陥落することが確定した。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子シングルス4回戦で世界ランク1位のアンジェリック・ケルバーを破った2015年ファイナリストのガルビネ・ムグルッサ
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 10: Garbine Muguruza of Spain acknowledges the crowd as she celebrates victory after the Ladies Singles fourth round match against Angelique Kerber of Germany on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)