Qolyとユーザーで選ぶJ1前半戦ベストイレブン 〜SMF部門〜

写真拡大

2017シーズンのJ1も第17節が終了した。つまり、今季の上半期が終わったというわけだ。

「はたして、今季の上半期でベストイレブンを選ぶとしたらどういう顔ぶれになるだろう…」

筆者は開幕から二ヶ月後に少し気が早いベストイレブンを独断で選出させて頂いたが、今回は、Qolyユーザーの方々の協力も得つつ、上半期のベストイレブンを改めて選んでみることにした。

GK&DF部門」、「DMF&CMF部門」に引き続き、今回は「RMF&LMF部門」に。Qoly編集部Tさんとの対談形式でお楽しみ頂きたい。

編集部T(以下、――):今回は右ミッドフィルダー(RMF)です。純正なサイドアタッカーというよりは、主に右サイドで起用されている選手が対象となります。Twitterでのアンケートでは、マルティノスが一位、小林悠が二位、伊東純也が三位という結果でした。まずは印象を聞かせてください。

カレン(以下、省略):小林悠をRMF扱いすることに違和感もありますが、今季はサイドで起用されることがほとんどなので、選考ポジションで言えばここになりますかね。エウシーニョが常時出るようになってくると、左に回る可能性もありますが…。

いずれにせよ、そのパフォーマンスも出色の出来でした。彼の長所であるディフェンスラインとの駆け引きは残しつつ、周囲とのパスワークでの崩し、味方へのアシストなど、その貢献度は多岐に及びます。(第17節終了時点で)7得点6アシストという成績が物語っていますね。

続いてマルティノスですが、正直、加入した直後は「大丈夫か?」という感想を持っていました。

戦術理解力であったり、連携面であったり、「課題山積だな」という印象でしたね。ですが、試合を追うごとに改善され、今や横浜FMの攻撃において重要な役割を担っています。

今季は途中から齋藤学とポジションを入れ替わる形で主戦場に左に変えましたが、その存在感は変わらずです。ドリブル回数や成功率はJでもトップクラスですが、カットインからのシュートなど、今後はゴールもさらに期待できそうですね。

伊東については、とにもかくにもあの「スピード」と「突破力」に尽きます。

今季はエンジンが掛かるまで時間を要しましたが、非凡な局面打開能力は顕在ですね。クロスの精度も高いですし、後はそれが数字として残れば…と言ったところでしょうか。

――このポジションで他に気になった選手はいますか?

浦和レッズの関根貴大が選考対象になれば、当然入ってくるはずですが、彼は「右サイドバック兼右ウィングバック部門」で選ばれていましたよね。

となると、鹿島アントラーズの遠藤康でしょうか。派手さはないですが、本当に技術が高くて、「サッカーを知っているな」と感じさせてくれる選手です。

鹿島の攻撃において、決定的な仕事をしている選手は他にも浮かびますが、決定機の前に最も顔を出せているのは彼ではないでしょうか。リズムを変えるパスであったり、ボールキープであったり、効果的なプレーは特筆に値します。

後は、フローニンゲンへ旅立っていきましたが、ガンバ大阪の堂安律も印象的なパフォーマンスを見せていました。まぁ、彼の場合は途中出場を含めて、FWだったり、左だったり、色んなところで起用されたので、RMFというわけではないでしょうが…。ただ、ポジションや状況を問わず、出る試合でいずれも強烈なインパクトを与えたことは間違いないです。

これは日本人選手全体に言えることですが、ゴールに直結するプレーを自ら仕掛けられる選手は貴重なので、あのスタイルをヨーロッパでも続けて欲しいですね。彼の十八番である、右サイドでボールを受け、中に切れ込んでからの左足シュートの形は十分通じると思っているので。

――続いて話題を右サイドから左サイドに移します。Twitterアンケートでは、得票率65%で齋藤学が断トツ一位。二位は「その他」。三位はヴィッセル神戸の大森晃太郎、四位は清水エスパルスの白崎凌兵という結果でした。

予想以上に偏りましたね。たしかに、齋藤のパフォーマンスは賞賛に値すると思いますが、ここまで差が広がるとは思っていませんでした。

――カレンさんから見る、今季の齋藤はどういう印象でしょうか?

シーズン開幕前に海外移籍騒動で揺れた中での横浜FMへの残留だったので、実は、「このプレッシャーに耐えられるだろうか…」と心配していました。ですが、杞憂でしたね。背番号も10に変わり、逞しさを身にまとったというか。良い意味で「マリノスはオレのチームだ」という気構えも感じられるようになりました。

プレー面で言うと、「取れるようで取れない」あのドリブルが目立ちますが、もはや単なるドリブラーではありません。「ドリブル」と言えば、「突破」という言葉が枕詞のようについてきますが、彼のそれは本当に異質。

「ドリブルでゲームを作る」という表現が正しいかわかりませんが、相手を抜き去るだけではなく、マーカーをひきつけて味方に預けたり、仕掛けの間合いからラストパスを放ったり、その選択肢は無限です。あのボールタッチでなおかつ周囲が見えているわけですが、敵に回すと本当に厄介でしょうね。

未だノーゴールで「決定的なプレーが少ない」という意見もあるようですが、彼がいるだけで、周りの選手が助けられているということを忘れてはならないかと。

ただ、当然、いずれのチームも「齋藤封じ」を練ってきます。対柏レイソル戦のように見事にハマってしまった試合もありました。シーズンも折り返し、ここからその包囲網は厳しくなると思うので、彼がどのように攻略していくかにも注目したいです。

――大森や白崎については?

大森については、「驚かされた」というのが正直な感想です。ガンバ大阪時代から彼を見ていましたが、ヴィッセル神戸でここまで進化するとは思っていなかったので。

元々、攻守両面でアグレッシブに働き回るタイプでしたが、そこに質が加わりましたね。ドリブル、パス、シュートの三拍子のグレードが上がった印象です。とりわけ、ゴール前で見せるシュートは意欲、精度共に抜群。個人的には、Jリーグの中盤の中では川崎フロンターレの中村憲剛、阿部浩之と並び、彼も「ベストシューター」の一人だと思っています。

多少ムラッ気があるのは玉に瑕ですが、このパフォーマンスを継続して欲しいです。ポドルスキとも相性が良さそうな気がしますし、さらに印象的なプレーを見せてくれるかもしれません。

白崎は、まさに「現代型の10番」ですね。ハイレベルな技術力を備えながら、そこに溺れることはなく、運動量もJリーグトップクラス。アシストもゴールも期待できますし、監督も使いやすいタイプではないでしょうか。上述の大森と特徴は似ていますが、点で合わせる動きやゴール嗅覚は彼が勝っているのではないでしょうか。

ただ、今季に関して言うと、そこまで強い印象はないです。悪くはないのですが、もう少しやれる選手だと思っています。これからという時に怪我(6月4日のFC東京戦で右脛腓靭帯結合部損傷。全治3ヶ月との診断)を負ってしまいましたし、後半戦に期待ですかね。

――他にベストイレブン候補はいますか?

んー、その外の候補となると難しいですね…。

シーズン開幕直後は鹿島アントラーズの土居聖真も良かったのですが、徐々に低調になっていったというか、トーンダウンにしてしまいました。彼のように、技術もありながら、縦に早いサッカーを実現できるプレーヤーは貴重なので、個人的には注目しているんですけどね。

あれは大宮戦だったと思いますが、カウンターから長い距離を走ってペナルティエリア内に進入すると、鈴木優磨からスルーパスを受け取り、そのままゴールに流し込んだプレーは強く印象に残っています。試合も終盤で疲れが溜まるところで、あの一連の動きを行えるわけですから、本当に興味深い選手だと思います。

監督が大岩剛に変わり、FWとして起用されるケースが増えてきそうですが、引き続き注視したいところです。

後は、左ウィングバックの扱いになるかもしれませんが、サンフレッチェ広島の柏好文も記憶に残っています。チーム状況が決して良くない中で孤軍奮闘していました。

ゴールやアシストなど、数字面では物足りなさは残りますが、左サイドでスプリントを繰り返し、敵陣を深く抉るドリブル突破はかなり魅力的です。チームの成績が振るわない分、ベストイレブンに入れることは難しいかもしれませんが、評価されて然るべき選手だと思います。

いよいよ、今企画もクライマックス。次回は「OMF&FW部門」です。引き続き、お楽しみに!!