フランス中部シボーにある原子力発電所(2016年4月25日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランスのニコラ・ユロ(Nicolas Hulot)新環境相は10日、原発による発電量を減らす計画に基づき、同国にある原子炉の3分の1近くを閉鎖し得るとの見解を示した。

 フランスの議会は2015年に社会党前政権の下、2025年までに全発電量のうち原発が占める割合を約75%から50%まで削減することを政府に義務付ける法案を可決した。

 ユロ環境相はラジオ・テレビ・ルクセンブルク(RTL)に対し、「この目標を達成するということは、一定数の原子炉の閉鎖しなければならないことを意味する。17基程度になるだろうが、検討の必要がある」と述べた。同国には国有のフランス電力(EDF)が運転する原子炉が58基ある。
【翻訳編集】AFPBB News