来日間際のドルトムントに衝撃…ゲレイロが手術で長期離脱

写真拡大

来日が間近となっているドルトムントだが、気になる情報を発表した。

ポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロが手術を受けた影響で、3,4か月離脱することになるというのだ。

ロシアでのFIFAコンフェデレーションズカップに参加していたゲレイロ。ロシア戦で足を負傷したものの、当初の発表では打撲程度の軽傷だとされていた

だが、ドルトムントが改めて検査したところ、骨折が判明したという。『Bild』によれば、足首を骨折していたようだ。