大雨で寸断された道路(世宗市提供)=10日、世宗(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国で梅雨前線の影響により、ソウル・竜山では1時間に60ミリ以上の激しい雨が降るなど、済州島などを除くほぼ全域で道路が冠水し通行止めになるなどの被害が相次いでいる。

 10日午後3時半現在、ソウルや仁川、江原道と忠清道の一部地域などに豪雨注意報が出されている。ただ、済州島や慶尚北道の一部地域では猛暑注意報が発令された。
 気象庁は11日には小康状態になる見込みだが、局地的に200ミリを超える雨が降る地域もあるとして、注意を呼びかけている。
kimchiboxs@yna.co.kr