(C)メインプログラム・アーティスト 蜷川実花

写真拡大

【六本木アートナイト2017/女子旅プレス】東京・六本木の街を舞台にしたアートの饗宴「六本木アートナイト2017」が、2017年9月30日(土)〜10月1日(日)の2日間に渡って開催される。

【さらに写真を見る】「六本木アートナイト2017」蜷川実花迎え“未来ノマツリ”を表現 世界の彩り豊かなアート&パフォーマンス集結

2009年より始まり今回で8回目を迎える「六本木アートナイト」は、六本木の街を舞台とした一夜限りのアートの祭典。今では東京を代表するアートイベントへと成長し、コアタイムとなる日没から夜明けまでの時間帯にも、街を回遊する人の波が絶えることなくエネルギッシュで夢のような時を過ごすことができる。

♥テーマは「未来ノマツリ」


2017年は「未来ノマツリ」をテーマに、アジアを中心に世界中から彩り豊かなアートやパフォーマンスが集結。メインプログラム・アーティストには、写真家・映画監督として幅広く活躍する蜷川実花を起用、美しく妖艶な世界を楽しむことができる。

また、今年は初の試みとして、東南アジアにゆかりのある日本人アーティストや、現代アートに沸く東南アジアより注目アーティストを招き「東南アジア・プロジェクト」も始動。“祭”をテーマにに地域のコミュニティメンバーとアーティストが創り出す作品を「六本木アートナイト」で発表する予定だ。(女子旅プレス/modelpress編集部)

♥六本木アートナイト2017


開催期間:2017年9月30日(土)〜10月1日(日)
時間:コアタイム9月30日(土)17:27(日没)〜10月1日(日)(日の出)05:36
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21DESIGN SIGHT、
国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画は有料)

情報:六本木アートナイト実行委員会

【Not Sponsored 記事】