shimajiro@mobiler

既報通り、中国・上海で2017年6月28日(水)から7月1日(土)まで開催されていた無線通信関連の展示会「2017 GSMA Mobile World Congress Shanghai(MWC Shanghai 2017)」にてスマートフォン(スマホ)のディスプレイ部分に指紋認証センサーを内蔵し、ディスプレイに触れることでスマホのロック解除を行うことができるデモがvivoブースにて展示されていた。

この技術はQualcommが開発し、ディスプレイ部分に搭載する「Qualcomm Fingerprint Sensors for Display」は2017年第4四半期(10〜12月)にメーカーなどに提供を開始する予定だという。そのため、2018年以降に実際に搭載した製品が出てきそうだ。

デモ機はすでに販売されている「vivo XPlay 6」にfor Displayを内蔵した試作機となっていた。仕組み自体はQualcommが開発しているため、他のメーカーでも採用できるほか、これまでのQualcommの指紋認証技術「Snapdragon Sense ID」と違ってチップセットがSnapdragonでなくても対応できるという。

実際に展示されていたデモ機でもディスプレイ上に表示された特定のエリア(指紋認証センサー搭載箇所)を触れることで、本体前面や背面に搭載される通常の指紋認証センサーでロック解除するのと同様にスマホのロック解除が行えた。

デモ機で体験する限り、ディスプレイを触ってのロック解除は十分実用的な速度・精度で行えているように感じられたので、商用化されるのが楽しみなところ。デモ機でのロック解除の様子は以下動画にてご紹介しておく。

【ディスプレイ上での指紋認証デモ】

動画リンク:https://youtu.be/UnT5oZDCtmU

記事執筆:shimajiro@mobiler


■shimajiro@mobiler
■【MWC上海】ディスプレイに指紋センサー搭載、画面を触ってロック解除できるデモ機が展示

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ