体の熱をデトックス! 夏を乗り切るアーユルヴェーダドリンク3

写真拡大

アーユルヴェーダで熱を排出!

暑い夏、エアコンの利いた部屋にばかりに入り浸っていませんか? 冷えた飲み物ばかりとっていませんか? 表面的に体の冷えを抑えるのではなくたまった熱を体から排出し、うまくバランスを整えるのが健康への近道! 古来インドから伝わる生活の知恵がいっぱい詰まったアーユルヴェーダ直伝のドリンクで、健康に快適に過ごしましょう!

この夏飲みたい、おすすめドリンク3

アーユルヴェーダってもう知っている人も多いはず。インドで5千年もの間伝承されている生活の知恵のようなもの。そのアーユルヴェーダでは暑い夏の時期を「ピッタ(火)」というドーシャ(性質)の一つだと捉えています。「ピッタ」の時期は体に熱がこもり、イライラしやすいなどの特性があり、そのままうまく体の熱を排出できないと体のバランスを崩し体調も崩してしまいかねません。

そこで、今回注目したのは、「ピッタ」の特性である「熱」を排出する簡単ドリンクレシピ。氷や冷蔵庫でキンキンに冷えた飲み物をとるのではなく、その素材の性質から熱を排出してくれるドリンクで体の熱を抑えましょう!

1:ミントティー
発汗作用があり、消化力も高めてくれるミント。市販のミントティーの茶葉を使うのもいいですが、生のミントが手に入るなら自家製ミントティーもおすすめ。
自宅で作るなら、カップ1杯のお湯に、ミントの葉大さじ1を入れて、数分蒸らしてください。

2:水分補給ドリンク
手作りのスポーツドリンクのようなイメージ。

はちみつ 大さじ1
生のライムかレモンの絞り汁 10滴
岩塩 小さじ1/4
温かいお湯約240ml

すべての材料をカップにいれてよく混ぜる。

3:コリアンダー水
夏の暑さから体にこもった熱を下げ、炎症を抑えてくれる効果に期待!

コリアンダーシード 小さじ1
水約240ml

コリアンダーは前日に水につけて、使う前に茶こしなどでこしておく。
そこへ、水を加えてよく混ぜる。

熱さを排出し、同時に消化力をあげてオージャス(活力)アップを目指しましょう!

 

ライター:北川彩
取材協力:松尾奈美/神戸・北野でnaluyoga Ayurveda&Yogaを主宰

写真:istockphoto