フィリピン代表FW嶺岸光 母の祖国で見たプロの情景とは?

写真拡大 (全7枚)

フィリピンリーグでMVPを獲得した嶺岸光をご存知だろうか。フィリピン人の母と日本人の父のもとに生まれた彼は聖和学園高校卒業後、仙台大学に進学してプロを目指すも、彼に声をかけるクラブは最後まで現れなかった。紆余曲折ありながら大学の先輩や後輩の協力を得て、母の祖国でプロになる。みちのく出身のアタッカーは、遂にフィリピン代表に選出された。

日本ではプロ入りできず、サッカーを辞めようと考えていたという嶺岸。母のルーツであるフィリピンへと渡ったキッカケは、意外な人物との繋がりであった。彼の運命を変えた出来事をこのインタビューで明らかにしよう。

「東南アジア経験者」との出会いが変えた運命

ーー最初に嶺岸選手がサッカーを始めたきっかけを教えてください。
サッカーを始めたのは4、5歳ごろ。2人の兄がサッカーしているところを見ていて、気づいたら自分もサッカーをやっていたという感じです。

ーー高校はパスやドリブルを駆使したテクニカルなサッカーで有名な聖和学園に在籍していましたが、当時はプロ入りを考えていなかったのですか?

もちろんプロ入りは夢でしたけど、全くの無名選手だったんで現実的には厳しかったですね。高校サッカーで結果を出せず、燃え尽きた感がありました。進路の相談を加見先生(聖和学園高校監督)にしたら、「お前は仙台大な」って言われてそのまま入学して(笑)。東北で一番強いチームと聞いていたので迷いはなかったです。

ーー大学の後輩には後に嶺岸選手をフィリピンに誘った佐藤大介選手(現ホーセンス、フィリピン代表)がいましたが、彼の印象を教えてください。

日本でやるには勿体無いくらい、とにかく個性が強いヤツだなと(笑)。彼は自分の意見を主張ができる人間です。3つ上の先輩に混じって試合に出ても、自分のプレーを自然とアピールできるメンタルが強いプレーヤーでした。

ーー仙台大学にいたころのポジションは?
今と変わらないですけど左のハーフかウイング、たまにFWやったりですね。

ーーその後、嶺岸選手は1年半後にフィリピンへ渡りました。それまでの経緯を教えてください。

正直、サッカーをやめようと思っていたんです。大学を卒業して色々練習参加してましたけど、どこにも引っかからず…。自分がかつて所属していたスポーツ少年団でコーチをしていました。

きっかけは、伊藤壇(元ASポンタ・レステ=東ティモール)さんと大友慧(現JPポルテスFC=フィリピン)さんに出会ったことです。お二人は少年団の監督の知り合いだった関係で、少年団主催のイベントにゲスト参加されていました。僕が日本とフィリピンのハーフということもあり、フィリピンでやらないかと誘われたんです。お二人と出会って日本じゃなくても楽しくサッカーできる環境があることを知り、フィリピンに行こうと決意しました。

なので、お二人との出会いがなかったら今僕はフィリピンにいなかった。日本でやりたくて日本でサッカーチーム探してたんですけど、見つからずサッカーやめようと思っていた人間なので、お2人と出会えて諦めなくて良かったと思います。

ハードな環境の中で芽生えた向上心

ーーQolyが行った佐藤大介選手のインタビュー記事に「彼の紹介を受けて嶺岸選手はグローバルFCに入団された」と紹介されています。フィリピンでしか体験できないこと、新鮮に感じたことはありましたか?

環境ですね。やはり日本の環境はすごく良くて、当たり前に自分たちのピッチがあって。それに比べてフィリピンリーグは日本の大学よりも悪いくらいの環境なので。

グローバルは良い方ですが、その他のクラブはチームドクターがいなかったり、選手にテーピングを巻けないチームもあります。練習時間も1日前に告知されて、準備もままならない状態で行かなきゃいけないだとか。練習場が他チームとダブルブッキングして、トレーニングできなくなることもあります。

そもそもリーグ自体いつ始まるかわからなくて日程がバラバラになったり、リーグ戦で朝7:30キックオフとかありましたからね。誰が見に来るんだって(笑)。昼の2時キックオフの試合とかもありました。2時なんて人工芝の上では気温40度ですよ(笑)!選手側も代表に招集されているのに、時間通りに来ない選手もたまにいます。

ーープロリーグに入って得たものはありますか?成長した部分を教えてください。

伸びたところはたくさんありますが、一番は自信がついたことですね。フィリピンリーグといえども、ブンデスやプレミアを経験した選手が結構います。その中でできれば、自分もトップレベルで出来るんじゃないかという自信が出てきたので。そういう意味では良い環境にいると思います。あとはタフになったことですね。日本じゃありえないことがたくさん起こるので、状況ごとの対応力がついたと思います。

ーーなぜ、フィリピン代表で戦うことを決めたのでしょうか?

日本代表になりたいという思いはあったんですけど、フィリピンでサッカーをやっていくうちに向上心が芽生えました。もっと上に行くには大きな実績が必要だと思いフィリピン代表入りを考え始めました。

自分は運良くクラブで結果を出していたので熱心に勧誘されました。チャンスは逃せません。それに歳をとれば視野が狭くなるので今しかない、と思ってスズキカップ(東南アジアカップ)の前に代表入りしようと決断しました。母親のため、母親の親戚のためにという思いもあります。

日本代表になりたい思いは強かったんですけども、それを諦める踏ん切りをつけました。

ーー代表チームやクラブで仲良い選手はいますか?
もちろん大介と仲は良いしグローバルの仲間を中心にどの選手とも仲が良いです。みんな良い人ですけど、自分はまだ新入りなので状況を見ながら接しています(笑)。みんな英語で会話するので、まだスムーズにコミュニケーション取れてはいないです。まあ、大丈夫かなと(笑)。

諦めず、謙虚に、自分を出す

ーー佐藤大介選手がルーマニアやデンマークへ移籍したように、嶺岸選手は今後ステップアップを考えていますか?

明確なビジョンはないですけど、自分はもっと上のリーグに行ってやらなきゃいけないな、と思っています。タイやマレーシアに行きたいと思いますね。もちろん、日本でサッカーするのが目標なので日本ならどこでも。

ーー将来的には、ヨーロッパへ行きたいという願望はありますか?

現状では厳しいと思うので、これからもっとキャリアアップし1人のサッカー選手として着実に力をつけないといけません。次の3年でどれだけアピールできるかだと思います。

ーーずばり、1番行きたいJクラブはありますか?

ベガルタですね。故郷のクラブなので1番好きですし、大学の先輩(蜂須賀孝治選手、奥埜博亮選手)もいるので。行ったらいろんな人が喜んでくれるのが想像できます。自分のためじゃなく人のためにも、サッカーができると思うので。

ーーこれまで、サッカーをやってきて大事だと感じたことを教えてください。

一つは諦めるなってことです。何が起きるかわからないから。自分は日本ではプロになれなかったけど、そこであきらめなかったこそ今があります。あくまで個人的な意見ですけど、高校大学とそこそこの選手は、どこかでプロになれると思います。日本でダメでも諦めなければ、どこかに道はあるということを伝えたいですね。

もう一つは謙虚さです。謙虚さは海外に行っても大事になってくるので。あとは自分の意見や主張を持った方がいいと思います。それは、海外に来た中で自分を表現することの大事さをすごく今感じていて、もっと主張しないといけないなと。やっぱりどこ行っても縮こまったらいいことはないし、謙虚になりつつ自分の主張ができる人間になればサッカー、ひいては社会でもやっていけるのではないかと思います。

東南アジアでプロになる日本人選手は徐々に増えてきている。しかし、それは非常に難しい道程だ。フィリピンからの挑戦状をいつか、どこかのJクラブが受け取ってくれる日が来ることを祈りたい。