まさかのタッグ! (C)Universal Pictures

写真拡大

 トム・クルーズ主演で、往年のホラー映画「ミイラ再生」をリブートする超大作「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」が連載型新作漫画アプリ「GANMA!」とコラボレーションし、映画と連動したオリジナル漫画「ザ・マミー ダークストーリーズ」を配信することが決定した。

 映画は、ユニバーサル・ピクチャーズが往年のモンスター映画を連続リメイクする「ダーク・ユニバース」の第1弾。米軍関係者のニック(クルーズ)は、5000年もの間棺(ひつぎ)に封印されていた古代エジプトの王女アマネット(ソフィア・ブテラ)を目覚めさせてしまったことから、アマネットに見初められ、追われることになる。世界興行収入は3億8450万ドルを突破(7月10日時点)した。

 累計700万ダウンロードを記録している「GANMA!」は、オリジナルマンガ90作品以上を無料で毎日配信し、10〜20代を中心に支持されている。ハリウッド映画とのコラボレーションは今回が初となり、月下朝日氏(「東京ドラゴンナイト」)、方條ゆとり氏&望月菓子氏(「人形峠」)、望月あづみ氏(「報復のススメ」)、別所ユウイチ氏(「迷宮マンション」)の4人の作家陣が、それぞれに主人公が異なる4本を描き下ろす。映画で展開する物語の裏側で起こっている出来事にスポットを当てた内容だという。

 「ザ・マミー ダークストーリーズ」は、7月15日から毎週土曜日配信(全4本)。「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」は、7月28日から全国公開。