本来は薬物の密輸、密売を防止するための合法化のようだが

写真拡大

米国で嗜好用大麻の合法化が進んでいる。2017年7月2日には今年の1月に合法化されたばかりのネバダ州で、2018年の大麻販売店オープンに先駆け4日間のテスト販売が実施。初日には「徹夜組」が出現するほどで連日長蛇の列ができたとCBSなどは報じている。

こうした動きと並行して米国で相次いでいるのが、大麻合法化による負の影響を懸念する研究結果の発表だ。

大麻は依存性が低く安全?

そもそも米国では29州で「医療大麻」という名目での大麻使用が合法化されている。さらに純粋に嗜好品として大麻を使用することを合法化(大麻の所持・使用が認められている)している州もアラスカ、カリフォルニア、コロラド、メイン、マサチューセッツ、ネバダ、オレゴン、ワシントンの8州におよび、特定の州に含まれないワシントンD.C.も合法だ。

「ロサンゼルス・タイムズ」紙電子版の6月11日付の記事によると、2016年に上限つきで大麻の所持が合法化されたカリフォルニアでは、2018年の一般販売開始を前に大麻栽培が盛んになっており、大麻推進派の「大麻はアルコールやタバコよりも依存性が低く長期使用しても問題ない」とする声を取り上げている。州に50億ドル以上の収入をもたらすとの予測も立てられており、確かに魅力的な新ビジネスではある。

ニューヨーク在住の日本人女性もJ-CASTヘルスケアの取材に対し、「米国人は大麻を安全であると思っている人が多い印象」だと答え、こう話す。

「職場の米国人の同僚も『吸ったことがある』という人が少なくないですね。何らかの理由でハードルが低いのか、他の薬物と比較すると安全に見えるのかはわからないですが...」

しかし、「依存性が低い」「他の薬物に比べれば安全」といった主張を疑問視する研究結果は多い。

2016年2月17日に米国医師会雑誌の精神分野専門分誌「JAMA Psychiatry」に発表された米国立薬害研究所の3万4653人を対象とした追跡調査によると、医療用・嗜好用を問わず大麻を使用した経験がある人は何らかの依存症になりやすいという結果が出ている。

大麻使用経験がない人と比較すると、調査開始から3年以内にアルコール依存症になるリスクは2.7倍、大麻は9.5倍、大麻以外の薬物が2.6倍、ニコチンが1.7倍となっており、大麻使用が他の依存症を引き起こすリスクは明らかに高い。

交通事故増にも影響か

2017年6月1日に同じく「JAMA Psychiatry」で発表されたコロンビア大学などが11万8497人を20年間(1991・92年〜2012・13年)追跡した調査では、医療大麻を合法化している州では違法使用も多く、乱用者(使用量が増加した人)も増加しているというデータも示された。

例えば90年代から医療大麻が合法化されていたカリフォルニアやコロラドでは、合法化当初は違法使用や中毒者が減少したがその後は増加に転じ、2013年時点で違法使用率は非合法化州に比べてカリフォルニアは1.5倍、コロラドでは2倍に。乱用者はカリフォルニア1.2倍、コロラド2.1倍となっている。

カリフォルニアとコロラドは嗜好用も合法化されたので今後「違法使用」はカウントされなくなるかもしれないが、乱用者は一層増加する可能性も否定できない。

ユニーク(?)な調査は、2017年7月4日付の「フォーブス」誌が報道した米国道路安全保険協会の関連団体Highway Loss Data Institute(HLDI)による2017年6月の交通事故報告だ。

嗜好用大麻が合法化されているコロラド、オレゴン、ワシントンの3州は非合法な州と比較して衝突事故を理由とした保険金の請求件数が平均3%増加し、特にコロラドは14%も増加しているという。この数値についてHLDIはフォーブスに対し「大麻を使用しながら運転する人が増加した結果」とコメント。大麻のメリットが大きく取り上げられる風潮に疑問を呈している。