『トゥルーブラッド』より、ネルサン・エリス

写真拡大

ヴァンパイアと人間が共存する世界を描いた人気ドラマ『トゥルーブラッド』のラファイエット役で知られるネルサン・エリスが7月8日(土)、心不全の合併症のため亡くなっていたことが明らかとなった。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

イリノイ州で生まれたネルサンは、親族の死のショックによって育児が出来る状態でなかったシングルマザーの母親の元を離れ、祖母によってアラバマ州で育てられた。15歳で再びイリノイ州に戻り高校を卒業後、17歳で米国海兵隊に入隊するも長くは続かず州立大学へ入学。その後、22歳の時に名門ジュリアード音楽院に合格。そこで後に『トゥルーブラッド』で共演することになるルティナ・ウェスリー(タラ・ソーントン役)と知り合う。2008年から7シーズンに渡り出演した『トゥルーブラッド』で高い評価を得たネルサンは、2011年にアカデミー賞作品賞へのノミネートを果たした『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』に出演。2013年にはリー・ダニエルズ監督(『Empire 成功の代償』)が手掛けた『大統領の執事の涙』ではマーティン・ルーサー・キング・ジュニアを演じた。

突然すぎるネルサンの訃報に、『トゥルーブラッド』の共演者が哀悼のコメントを発信している。その一部をご紹介しよう。

・スティーヴン・モイヤー(ビル・コンプトン役)
「ネルサン・エリスは実に卓抜した人物でした。素晴らしく、カリスマ性があり、知的で情熱的、素敵な男性でした。悲劇としか言えません」

・アンナ・パキン(スーキー・スタックハウス役)
「驚くべき才能があり、本当に優しい人であるネルサンと共演する機会を持てたことは光栄でした。早すぎる死に非常にショックを受けています」

・ジョー・マンガニエロ(アルシード・ヘルボー役)
「友人、そして共演者のネルサン・エリスの死によって打ちのめされました。素晴らしい人で、草分け的存在、そして唯一無二のアーティストでした。彼の演技はまるで全身全霊を捧げる人を見ているかのようで、魅力的でした。ご冥福をお祈りします」

・マイケル・マクミリアン(スティーヴ・ニューリン役)
「訃報を知りひどくショックを受け、呆然としています。彼は天才的で美しい魂でした。ご家族にお悔やみを」

このほかにも多くの有名人が一様にネイサンの才能とその人柄を褒めたたえるSNSに投稿。39歳という早すぎる死は、ネルサン本人にとっても思いがけない最期だったことだろう。どうか安らかに眠ってほしい。(海外ドラマNAVI)