【詳細】他の写真はこちら

ちょっと作業スペースを増やしたい時に便利です。

ASUSはUSB Type-Cケーブルで接続する15.6インチサイズのモバイル液晶ディスプレイ『MB16AC』を国内市場向けに2017年7月下旬から販売します。本体サイズは幅359.7☓高さ226.4☓奥行き8mm。本体重量は0.78kg。ASUS直販サイトでの価格は3万9744円となっています。

横でも縦でも使える自動回転機能も装備





『MB16AC』は電源供給も含めてUSB Type-Cケーブル1本で使えるのが特徴です。15.6インチ、1920☓1080ドット(フルHD解像度)のIPS液晶を採用し、美しい発色と水平垂直共に178度の広い視野角を実現しているのだそう。画面の応答速度も5msと悪くない数値ですし、画面のフリッカー(チラツキ)を防いで目の負担を減らすフリッカーフリー技術を搭載。見え方が異なる4種類のブルーライト軽減機能も備えています。





本体の向きに合わせて表示内容を自動で回転させられる「自動回転機能」を備えているのもポイントです。書類のチェックをする時は縦画面、動画鑑賞時には横画面といった使い分けが可能。この機能はWindows対応のディスプレーウィジェットソフトウェアを使うことで利用できます。縦置きと横置き両対応のスタンドとして使える専用ケースが付属するほか、付属の『ZenScreenペン』をディスプレイ下の穴に差し込んで自立させることも。利用シーンに応じて柔軟なスタイルで使うことができそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト



『MB16AC』プレスリリース