Image: Running - Le Cut Studio / SkyPixel


日本の誇れる景色を空撮して今すぐ応募しよう。

民生用ドローン市場で約7割のシェアを担っているDJIの空撮写真・映像プラットフォームサイトSkyPixelが空撮コンテスト「2017 SkyPixel Video Contest」を開催しています。

SkyPixelは世界各地でドローンによって撮影された写真・映像がシェアされているコミュニティサイト。息を飲む美しい光景がたくさん投稿されています。昨年2016年には、空撮写真によるコンテストが開催されていたのですが、今年は対象が空撮映像に。応募開始直後からドローンを活かした素晴らしい映像作品が続々と応募されているようで、2017年7月5日時点ですでに世界中から700以上の作品が応募されているとのこと。SkyPixelのハイライトページで作品を鑑賞できます。地球が持つ大自然を思う存分堪能できる作品ばかりでいくらでも観ていられますね。


1 超豪華賞品あたる、DJI主催のドローン空撮映像コンテスト開催中。世界はかくも美しい場所で溢れている…
Image: Skypixel


もちろんコンテストですから見るだけではなく、自身の作品を応募してもいいんです。

コンテストの応募期間は2017年7月2日〜8月2日の14時(米国中部標準時間)まで。空撮映像であればDJI以外のドローンで撮影したものでもOKという非常にオープンなコンテスト。対象となるのは5分以内の長さの映像で、テーマに沿った空撮映像が最低30秒間含まれている必要があります。


Video: DJI / YouTube


募集しているカテゴリーはNature (自然)、City (都市)、Sport (スポーツ)の3つ。Natureは地球の壮大な風景により、誰も知らない大自然の一面を空から捉えていること。Sportは競技場に溢れる熱気や興奮、そしてアスリートの挑戦を捉えていること。そしてCityは自分の街が刻々と変化する様子や好きな街を新たな視点で捉えていることが求められます。

コンテストの賞品は超豪華。グランプリである「2017 SkyPixel Aerial Videos of the Year」に選ばれた作品の応募者には、DJIのプロフェッショナル用ドローンInspire 2のプレミアムコンボに、Nikon D750デジタルカメラと24-70mm VR 2.8レンズ、Suunto Spartan Ultra Copperスペシャルエディション (HR)ウオッチ、LaCie d2 Thunderbolt 3ハードドライブ、Oakley Latch Prizmサングラス、さらにオーストラリア旅行が贈与されます。

グランプリを決める審査員もこれまた豪華な面々で、『ロード・オブ・ザ・リング 三部作』の空撮監督Phil Pastuhovや、『レヴェナント: 蘇えりし者』の空撮監督Ryan Hoskingなど、長編映画の撮影監督たちをはじめとする著名なビデオグラファーや、TV、雑誌、広告業界のインフルエンサー9名によって審査されます。

つまりグランプリ受賞者は、著名な審査員から評価を得た上に、プロフェッショナル仕様の機材を手に入れ、オーストラリアに撮影旅行に行けちゃうってこと。空撮監督を目指す人にとってはまたとないチャンス!


2 超豪華賞品あたる、DJI主催のドローン空撮映像コンテスト開催中。世界はかくも美しい場所で溢れている…
Image: 幻城(Metropolis of Fantasy) - 雁海 (Yan Hai) / SkyPixel


すでに世界中の空撮された美しい景色が応募されていますが、もっと日本の光景も見たいです! 日本にも世界に誇れる街、スポーツ、景色がたくさんあるはず。ドローンを持っているあなたは今すぐ自分が住む街や自然を空撮しに行きましょう。持っていない方はドローンに挑戦してみるいい機会かもしれません。

グランプリの発表は2017年8月31日。果たしてどんな空撮作品がグランプリをとるのか楽しみです。


Image & Video: SkyPixel, YouTube
Source: SkyPixel (1, 2), DJI

(Shun)