画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の瑛太が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』(7月14日スタート、毎週金曜22:00〜)の舞台挨拶が10日、都内で行われ、瑛太をはじめ、深田恭子、森田剛、山口智子、大根仁監督、韓哲プロデューサーが出席した。

このドラマは、1980〜1989年に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された弘兼憲史氏の同名漫画を原作とする探偵ドラマ。東京都板橋区の下赤塚に事務所を構える「あかつか探偵事務所」を舞台に、面倒な案件ほどやりたがるという一風変わった探偵"ハリネズミ"こと七瀬五郎(瑛太)とその仲間たちが、人情味あふれる哀しい事件や想像を超える難事件に挑んでいく。

バカですけべだが情に厚くて実直な主人公・七瀬五郎を演じる瑛太は、良き相棒である"グレさん"こと木暮久作役の森田との関係を深めようと努力したそうで、「森田さんの素性を知りたいと、いろいろ会話をさせていただいて、最初はタジタジだったんですけど今はなんでも話せる仲に」と告白。「芸能界の中でたぶん僕1人なんじゃないかというくらい」とすっかり仲良くなったという。

さらに、「物足りない時期も長かったんですけど、時間をかけて、合間にとにかく一緒にいて話しかけて、一言でもいいから森田さんの内面、生活感を全部聞き出してやろうという…」と説明。「これがうれしくうれしくて、僕は今、幸せなんです」と笑みをこぼした。

森田も「絶対誰にも言えないこととかも話せる。全部秘密を知ってもらっているくらい話せる」と信頼しきっている様子で、「会話は少ないですが、一緒に住めって言われれば住めるみたいな、すごく独特な感じ」と関係を表現。森田を昔から知っている大根監督も「シャイで人見知りの剛がこんなに心開いているのを初めて見たというくらい仲良くしてますよ。『あっ剛が笑ってる!』って」と2人の仲の良さを証言した。