YKKAP 10周年記念「窓学展−窓から見える世界−」9月末より開催

写真拡大

 YKKAP(株)は、9月28日(木)〜10月9日(月・祝)、東京都港区のスパイラルにて、窓学10周年記念としたエキシビション「窓学展―窓から見える世界―」を開催する。

 同社では、「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、2007年から窓を学問として多角的に探究する研究活動「窓学」を研究者・建築家とともに実施し、建築、文化、アートなど、さまざまな切り口で窓にアプローチしてきた。
 同展は、「窓学」10周年を機に、過去10年間の窓学の研究成果をわかりやすく紹介、アカデミックな分野からは、東京大学をはじめとする大学および研究機関より計7名の研究者が参加し、研究展示を行う。またアートの分野からは、レアンドロ・エルリッヒ氏、ホンマタカシ氏、鎌田友介氏の3名のアーティストが新たに窓をテーマとした作品を制作・発表、さらにイタリアを代表するデザイナー ミケーレ・デ・ルッキ氏が特別展示を行う。

 この他、会期中の10月3日(火)には、シンポジウム「窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―」を開催する。世界的な建築写真家であるイワン・バーン氏、歴史家・建築家として精力的に活躍する藤森照信氏、スイスから来日する建築家・建築史家のヴィットリオ・マニャーゴ・ランプニャーニ氏や、特別展示にも参加のミケーレ・デ・ルッキ氏をはじめ、これまで窓学に参加した多彩な分野の専門家に、海外からもユニークなゲストを加え、約20名の招待講演者による国際的かつ学際的な窓の研究発表および講演が実現する。

 また窓学10周年を機に窓研究所の新拠点として開設した「窓研究所アネックス」が、2017年10月1日にオープンする。