ニチベイ BS11「たけしの北野レガシー」でCM放映

写真拡大

 (株)ニチベイは7月15日(土)20時〜21時54分に日本BS放送(BS11)にて放送されるBS11開局10周年特別番組「たけしの北野レガシー」に協賛、第10回キッズデザイン賞を受賞した安全なロールスクリーン「ソフィー」スマートコード式と、今年6月にモデルチェンジしたよこ型ブラインド「セレーノ・ユニーク」のCMを放映する。

 同番組「たけしの北野レガシー」は、ビートたけしが少年時代から青春時代そして現在に至るまでに強烈な印象で人生に影響を受けたモノや、今もなお歴史に燦然と輝くものを独断と偏見で取り上げ、会議メンバーと喧々囂々の議論の末に「後世に残したいレガシー」を認定し表彰するというもの。

 ニチベイはCMを放映する他、番組内においても、昭和39年(1964年)に開催された東京オリンピックの関連グッズとして、同社(当時日米ブラインド工業株式会社)が配布していた携帯灰皿が紹介される。
 昭和38年の日本の火災件数は約5万件(毎日約130件の火事が発生)あり、火災の原因はタバコ、マッチ、たき火、石油ストーブ、煙突などで、その中でも1位はダントツでタバコのポイ捨て(72.5%)だった。火災防止はもちろん、翌年には東京オリンピックを控えており、街の美観を保つためにも「タバコのポイ捨てをやめよう。タバコは灰皿のある場所で吸いましょう」という運動を提唱し、携帯灰皿を配布したとのこと。