世界遺産に決定!日本有数のパワースポット「沖ノ島」と「宗像大社」って?

写真拡大 (全3枚)

古来より信仰され、“神宿る島”や“海の正倉院”とも呼ばれる、福岡県の沖ノ島。2017年7月9日、8資産で構成される「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が、世界遺産に登録されました。沖ノ島にある社を含む「宗像神社」の由来についてチェックしておきましょう。

日本古来の祭祀を伝える沖ノ島と宗像大社

福岡県・宗像市にある宗像大社は、宗像神社、厳島神社、宗像三女神を祀る神社の総本山。玄界灘に浮かぶ沖ノ島の「沖津宮(おきつみや)」、本土から10キロメートル離れた大島にある「中津宮(なかつみや)」、九州本土にある「辺津宮(へつのみや)」という、距離の離れた3つの宮から構成されています。
その由来は『日本書紀』にも記され、祭られている三女神はあらゆる道を司り、人々を導く神様として今も崇敬されています。

今回は宗像神社のほかに、4世紀後半から祭祀が行われた遺跡が残る沖ノ島全体、祭祀を行った有力氏族に関する本土の古墳など、計8つの歴史的資産が関連遺跡群として登録されました。

日本の七夕発祥の地。大島で見たい2つの世界遺産

本土から約10キロメートル離れた海上にある「大島」。ここには、湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀る「中津宮」があります。社へは、フェリー乗り場から徒歩約10分ほど。参拝後の島内の移動には観光バスが便利です。

三女神の長女とされる、田心姫神(たごりひめのかみ)を祀った「沖津宮」がある沖ノ島は、島全体が神域とされ、女人禁制なうえ通常は立ち入り禁止。そのため、海を挟んで遠く沖ノ島を拝むための「宗像大社沖津宮遙拝所」が、ここ大島にあるのです。

自然豊かな「大島」をぐるっと一周してみましょう

また、大島は七夕伝説発祥の地といわれ、毎年旧暦の7月7日には七夕祭りが開催されます。世界遺産には登録されていませんが、島の中央にある御嶽山や風車展望所などの見どころもあるので、フェリー乗船までの時間があれば、大島をのんびり歩いてみるのもいいですよ。

九州本土の「辺津宮」の神苑をおさんぽ

九州本土、宗像市内を流れる釣川のそばには、三女神の末っ子とされる、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)を祀る「辺津宮(へつぐう)」があります。本殿を参拝したあとは、10万平方メートルの広大な神苑を持つ境内を回ってみましょう。

「第二宮・第三宮」には、沖津宮・中津宮の女神さまを祀っています。本殿の後にこちらまで参拝すると、宗像三女神を拝したことになるのだそう。(※現在、〜9月末まで修復工事中)

約150段の石段を上った丘の上にある、宗像三女神の降臨の地と伝えられる「高宮祭場」は、日本古来の祈りの形式を伝える、全国でも数少ない古式祭場です。辺津宮でもっともパワーが強いとされる“パワスポ”です。

新羅からもたらされた「金製指輪」や中国が魏の時代の「三角縁神獣鏡」など、沖ノ島で見つかった約8万点の出土品はすべて国宝指定。それらを展示する「神宝館」に立ち寄るのも忘れないでくださいね。

*****
いかがでしたか?
今回は、ことりっぷアプリの投稿から、世界遺産登録された沖ノ島・宗像大社にまつわるスポットを紹介しました。
こちらの情報は掲載時点のものです。お出かけになる際は、各場所に確認してからおでかけしてくださいね。

ことりっぷの最新記事