バルサ移籍が噂されたヴェラッティ

写真拡大

FCバルセロナはまだPSG所属のマルコ・ヴェラッティ獲得の希望を全て失ったわけではない。最後の動きは、イタリア人MFへの会長ジョゼップ・マリア・バルトメウのメッセージである。『Marca』紙によると、バルトメウはヴェラッティに対して今夏の獲得を諦めていないということを伝えたかったという。

【関連記事:ヴェラッティの移籍劇は続く】

ヴェラッティは最近になってPSGへ許しを請う発言をしたにも関わらず、まだFCバルセロナでプレーすることを考えており、ブラウグラナ(バルサ)はサポートを見せたいつもりだ。
『Marca』紙によれば、バルトメウはヴェラッティに「我々は8月31日まで君を待つ」と伝えたという。