森田剛との仲良しエピソードを明かす瑛太

写真拡大

 10日、都内で行われた新ドラマ「ハロー張りネズミ」(TBS系)の特別試写会に、出演者の瑛太、深田恭子、森田剛、山口智子と脚本、演出を務める大根仁監督が登壇し、撮影の中で瑛太が森田と急速に親交を深めたエピソードを明かした。

 本ドラマは、講談社「週刊ヤングマガジン」で連載された弘兼憲史の同名漫画の実写化作品。「あかつか探偵事務所」に務める、スケベながら人情に厚く感の鋭い、通称“ハリネズミ”の所員・七瀬五郎(瑛太)が、相棒の“グレさん”こと木暮久作(森田)、所長の風かほる(山口)らとともに難事件の解決に奮闘する姿を描く。深田はある事件をきっかけに五郎と知り合うミステリアスな美女・四俵蘭子を演じる。

 森田と相棒関係を演じるにあたり瑛太は、積極的に森田にアプローチし「最初はタジタジだったんですけど、今は何でも話せるようになったんです。多分芸能界の中で僕一人なんじゃないかというくらい」と功を奏したことを明かしながら「とにかく一緒にいてひと言でもいいから森田さんの内面、生活観を全部聞き出そうと。それがうれしくて僕は幸せなんです」と満足げ。

 一方の森田も「絶対誰にも言えないこととかも話せるというか。ただ会話は少ないんですけど、一緒に住めと言われたら住めるみたいな」とまんざらでもない仲であることを認める。そんな森田に対して大根監督は「剛のことは長く知っているけど、こんなにシャイで人見知りなやつが心を開いているのは初めて」と驚いたそう。

 一方、大根監督から「ミステリアスなハニーという感じで」とリクエストされているという深田だが、大根監督は先週行われた浜松ロケで、深田がいきなり大量の餃子を焼いて持ってきたことを明かしながら「隙があるのかどうかがわからない」ととらえどころのない深田の印象をコメント。深田は「地のモノを持ってきたら、皆さんや監督に喜んでもらえるかなと思って」とあっけらかんと答え、笑いを誘っていた。(取材・文:桂伸也)

ドラマ「ハロー張りネズミ」(毎週金曜よる10時〜)は7月14日より放送(初回15分拡大)