様々なスタイルで歌詞の一行一行を可視化

EPIC Records Japan(エピックレコードジャパン)は、宇多田ヒカルの新曲「大空で抱きしめて」の発売に合わせて特設サイトを公開した。

 

特設サイトでは、サイトトップで「宇多田ヒカルが楽曲制作において最重要と捉える歌詞を全文公開」とうたっていて、歌詞の公開だけではなく、歌詞への反応をリアルタイムに可視化できる仕掛けが施されている。

 

サイトから「可視化」ボタンを押すと、まず歌詞が全文表示される、そこでもう一度「可視化」ボタンを押すと、歌詞が一行ごとバラバラになり、異なるフォントやQ数で表示され、それぞれのフレーズが印象的に目に飛び込んでくる。

 

歌詞は消えたり表示されたりを繰り返し、さらに音の波長をイメージさせる曲線も画面の中で踊り、歌の世界観に引き込まれるデザインだ。

画面右下には「#曲の感想をつぶやく」ボタンが用意され、歌詞の中から気に入った一行を選んでハッシュタグ付きで表示し、自分のコメントと共にツイートすることができる。また、画面左下の「#声」をクリックすれば、他のユーザーの投稿を見ることもできる、ユニークな試みのサイトとなっている。

他のユーザーのTwitterへの投稿

「大空で抱きしめて」

URL:http://www.utadahikaru.jp/lyrics/01/

2017/07/10