「auピタットプラン (スーパーカケホ)」利用イメージ。「誰でも割」「auスマートバリュー」「ビッグニュースキャンペーン」を適用した場合(写真: KDDIの発表資料より)

写真拡大

 KDDIと沖縄セルラーは10日、auの新料金プラン「au ピタットプラン」および「au フラットプラン」を発表した。7月14日から導入する。

【こちらも】ドコモ、料金をずっと1,500円割引くプラン「docomo with」を提供

 「au ピタットプラン」には1GB、2GB、3GB、5GB、20GBの5段階のデータ通信定額料金があり、データ利用量に合わせて自動的に合うものが適用される。音声プランは「スーパーカケホ」「カケホ」「シンプル」の3種類が併用できる。データ利用量が月ごとにバラバラでも、その月ごとに最適な料金プランが自動的に適用されるので、余ったデータ利用量が無駄になったり、高額な追加料金を支払ったりすることがなくなる。

 「au フラットプラン」は、毎月20GB通信できる「au フラットプラン 20」と30GB通信できる「au フラットプラン 30」の2種類がある。どちらもこれまでのデータ定額プランに比べて1,500円の割引になり、データ利用量の多いユーザー向けのプランとなる。音声プランは「スーパーカケホ」「カケホ」「シンプル」の3種類が併用できる。

 「au ピタットプラン」の料金は、音声通話の「スーパーカケホ」を併用して2年契約の「誰でも割」を適用すると、1GBが月額3,480円(いずれも税抜き)となる。ここからプランが上がるごとに1,000円ずつ金額も上がる形となる。

 「au ピタットプラン」「au フラットプラン」共に7月14日から12月31日までは「ビッグニュースキャンペーン」を実施しており、auでスマホを新規契約または機種変更してどちらかのプランに加入すると、翌月から1年間は月に1,000円の割引になる。同時に「auスマートバリュー」を適用すると、「au ピタットプラン」は2GBまでがさらに500円、2GB超と「au フラットプラン」は1,000円の割引となる。この割引を適用した場合、上記の「au ピタットプラン」と「スーパーカケホ」を併用した最安の月額は1,980円となる。

 両プランとも適用されるのはau 4G LTEに対応したAndroidスマートフォンで、iPhoneに適用されるかどうかは現在検討中とのこと。

 さらに、7月14日から機種変更しやすくする「アップグレードプログラムEX」も導入する。プログラム料金(月390円)を24カ月分支払えば、購入から25カ月経過したスマートフォンの機種変更時に、分割代金の残金から最大半額の支払いが免除される。つまり端末購入時に48回の分割払いにすれば、25カ月目以降は端末残金を精算することなく機種変更できる。

 「アップグレードプログラムEX」の対象は「auピタットプラン」または「auフラットプラン」に申し込んだユーザーで、古い機種をauが回収することが条件となる。ただしiPhoneは「アップグレードプログラムEX」の対象外となる。