上原、田中、岩隈、前田、青木と名字だけ並べても、「あっ、日本人メジャーリーガーのことだな」とピンとくる人は多いでしょう。では、フルネームで新谷紫恩、高田柊、三浦元、岩倉玲、松浦豪と言えば……? ピンとこない人のほうが多いと思います。実はヨーヨーの世界チャンピオンになったことがある日本人選手の名前なんです。日本では90年代後半に『ハイパーヨーヨー』がブームになったので、ヨーヨーで遊んだこともあれば、「“犬の散歩”くらいならできるよ」という人も多いのではないでしょうか。ただ、日本が実はヨーヨー大国だということを知っている人はそれほど多くないのでは。筆者は知りませんでした。

競技としてのヨーヨーは、音楽に合わせて自由に技を組み合わせ、3分間で技術点や芸術性などを競うフリースタイル競技がメインとなります。シングルハンドストリングトリックの1A部門、ツーハンドルーピングの2A部門、ツーハンドストリングトリックの3A部門、オフストリングの4A部門、カウンターウェイトの5A部門、アーティスティックパフォーマンスのAP部門の6部門でそれぞれ世界チャンピオンの座を競います。また、女性や40歳以上と出場者を限定したフリースタイル競技もあったりします。

Shion Araya (JP): 1A Division Finals - Asia Pacific Yo-yo Championships 2017(YouTube)
https://youtu.be/4JvXTzAJAoQ

2016年の世界チャンピオンはというと、1A部門は新谷紫恩選手、2A部門は高田柊選手、3A部門は三浦元選手、4A部門は岩倉玲選手、5A部門は松浦豪選手と完全に日本人の独壇場です。今年の6月30日〜7月2日までシンガポールで開催された『アジア太平洋ヨーヨー選手権(Asia Pacific Yo-Yo Championships)』でも、1A部門は新谷紫恩選手、2A部門は今井新選手、3Aと4A部門の2冠は三浦元選手、5A部門は阿部恭大選手と、日本人選手が全部門を制覇しました。アジアチャンピオンとなった4名は、今年8月にアイスランドで行われる競技ヨーヨーの世界大会、『ワールド・ヨーヨー・コンテスト(World Yo-Yo Contest)』へのシード権を獲得しました。

Hajime Miura vs. Arata Imai - CoC Finals - Asia Pacific Yo-yo Championships 2017(YouTube)
https://youtu.be/1weFwKOjCZ8

なぜこれほどまでに日本人選手が強いのか、一般社団法人日本ヨーヨー連盟の担当者に聞いてみると「日本人の強さの秘密は、1997年〜2000年の『ハイパーヨーヨー』ブームによる国内競技者レベルの向上及び競技人口の増加、日本人の練習時間(1日3〜5時間の選手も多い)や競技に取り組む姿勢、日本全国各地にコミュニティがあり、練習会、同好会、ヨーヨークラブなどで日常的にスポーツとしてのヨーヨーと親しみ、ビギナーからベテランまでが競技に取り組みやすい環境、日本全国各地で毎年大会があることなどがが大きな理由」だそうです。こうした「複合的な背景があり、日本人の世界チャンピオン獲得率が約7割を獲得・維持できていると考えております」ということです。

ちなみに競技人口に関しては、「大会に出場する選手で言えば国内で500名程度、ヨーヨーを競技・スポーツとして親しんでいる層で約1000人、ヨーヨーに親しんでいるファンなども含めると1万人超という規模」だそうで、競技人口が頭一つ抜けているのは「中国」とのこと。また、「アメリカやチェコなどにも日本と同等もしくはそれよりも大きなコミュニティが存在し、競技者数が多いから日本が優位という背景はありません」ということで、競技人口の多さと優秀な選手が輩出されることに直接の因果関係はないみたいです。

日本人選手の強力なライバルとなる外国人選手はいないのか聞いてみると、1A部門では2015年世界チャンピオンでカナダのザック・ゴームレイ選手、2014年世界チャンピオンでアメリカのジェントリー・スタイン選手、4A部門では2013年世界チャンピオンでアメリカのマイケル・ナカムラ選手の3人の名前が挙がりました。思ったより少なかったのでちょっと驚きですね。裏を返せばそれだけ日本人選手の強さが際立っているということでしょうか。

前述の来月行われる『ワールド・ヨーヨー・コンテスト(World Yo-Yo Contest)』が日本人選手の独壇場となる可能性については、「大いに考えられます。今年の世界大会にも日本から世界チャンピオンクラスが多く参加します」との回答。多分アジアチャンピオンがそのまま世界チャンピオンになっちゃうんでしょう。「日本人が世界一」というパワーワードはマスコミの大好物だと思うので、ヨーヨーの日本人世界チャンピオンがもっと日の当たる場所に出てきてもよさそうですけどね。

※画像:
https://www.value-press.com/pressrelease/167577

※ソース:
http://www.jyyf.org/wp-content/uploads/2017/07/PR_2017AP.pdf

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか