全世界200以上の国と地域で愛される『こねこのチー』(原作漫画『チーズスイートホーム』/著者:こなみかなた/発行:講談社)が、フランスで開催された日本文化の祭典「Japan Expo 2017」(2017年7月6日〜9日)で1,000人の観客を前に、初披露となるフランス語版3DCGアニメ『こねこのチー ポンポンらー大冒険』プレビューと、アニメのオープニングテーマ『ねぇ』に合わせたダンスを披露した。

 ステージ最後には、日本での3DCGアニメ第2期制作決定も発表され、「こねこのチー」ファンが多いフランスの観客から喜びの拍手喝采を受けた。チーのおめんをかぶったフランスの子どもたちはチーのダンスに熱狂し、ステージ終了後のサイン会も行列ができ、チーのフランスでの人気が再認識できるイベントとなった。

 ※「こねこのチー」アニメのOP テーマ:『ねぇ』(唄:Perfume/作詞・作曲:中田ヤスタカ/徳間ジャパンコミュニケーションズ)

 『こねこのチー』は駐フランス日本国大使である木寺昌人(きてら まさと)大使のブース訪問も受け、 ”日仏文化の架け橋” として、これからもマンガ、アニメ、イベント、SNS、グッズなど多様な接点を作り「チー、がんばう!」(頑張る)ことを「Japan Expo 2017」にて宣言。

 また、「Japan Expo 2017」公式ゲストとしてステージを16回(開場時のグリーティグ、サイン会含む)成功させると同時に、フランスのテレビ、web、雑誌を含むメディア取材も完了させた。日本文化をフランスに発信する代表の一匹として、チーはこれからも日本とフランスの子どもたちを笑顔にする活動を続けて行く。

 チーが「Japan Expo 2017」公式ゲストに選ばれ、多くのステージへ招待を受けた背景には、以下の実績がある。『こねこのチー』の原作漫画『チーズスイートホーム』は、フランスでは2012年から5年連続で子供向け漫画の売上1 位となり、漫画全体でも2012年から4年連続でトップ10入りを果たした。これは、子供向け漫画では『こねこのチー』のみの快挙。

 また、『アングレーム国際漫画祭』のユース賞に選ばれるなど、子供から大人まで世代を超えて愛され、グッズも日本のキャラクターとしては初めてフランスの老舗文具ブランド『Quo Vadis(クオバディス)』で起用されている。つまり、チーは日本文化ファン、漫画・アニメファンだけでなく、フランスの一般層に幅広く愛されている、日本コンテンツとなっているのだ。

 2017年7月6日〜9日開催の「Japan Expo 2017」『こねこのチー』ブースの出展内容、およびアニメについての最新情報は、公式サイトおよびSNS でも随時更新している。

⇒ AbemaTVの「新作TVアニメチャンネル」で話題のアニメを観る