ビッグクラブからの注目を集めるマノラス、その行先は?

写真拡大

▽ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)が、多くのビッグクラブからの関心を集めている。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

▽2014-15シーズンにオリンピアコスからローマに加入したマノラスは、189cmという体格と鋭い読み、圧倒的な瞬発力を武器にローマのディフェンスラインに君臨。昨シーズンはセリエAの33試合に出場し、リーグ最少の3敗という成績に大きく貢献した。

▽ゼニト入り間近とされていたマノラスだったが、予定されていたメディカルチェックに姿を見せず、代理人のイオアニス・エヴァンゲロポラス氏から時間が欲しいとの要請があったようだ。そこからマノラスを巡る移籍の噂は激化。様々なクラブが同選手に関心を寄せているようだ。

▽エヴァンゲロポラス氏は、バルセロナやレアル・マドリー、インテルやユベントスといったクラブからの関心の噂に「興味深いオプションだ」として、移籍の可能性を示唆。さらに、マノラスがこれらのビッグクラブに加わりたいとの考えを持っていることも認めている。また、同氏によると、現在はバルセロナがマノラス獲得に向けて優位なポジションに立っているようだ。